« 巡見~江戸を縦貫する4 吉原の通り抜け前編 | トップページ | 改・大河ドラマと歴史考証 »

2005/01/08

英会話始めようかなっと

正月、私も人並みに新しいことを始めたくなりました。
で、思いついたのが英会話。

きっかけは、非常勤で通ってる大学の講師仲間。
カナダ人の男性で英会話の教師J氏。大学以外にも高校や英会話学校で教えていると。

で、毎週1回、大学帰りの電車が一緒なんだけど、二人とも家が大学から遠く、車中1時間半以上は一緒。
二人ともビール好きで、缶ビール飲みながらワイワイしゃべる。
もちろん、私は英会話はできない。J氏の日本語も相当怪しい。そんな二人がゲラゲラ笑いながらしゃべってられるのは、多分にアルコールの魔法。

話が脱線するが、以前、ローマの居酒屋でしたたかに飲んでホテルへ帰るタクシーの中。
運転手が私にぶつけた素朴な質問、「日本人の女の子はなんでO脚が多いんだ?」
これに答えて「日本人は床の上にじかにすわって生活するからかもしれないなぁ。」と、何の根拠もない仮説を堂々と提示する私。この問答をきっかけに、30分くらいずっと日・伊両国の女性の脚についてバカ話。最後は互いの国の女性を賛美し合って車を降りた。
(これを読んでる女性の方で気を悪くされた方がいらっしゃいましたらごめんなさい。酔っぱらったジャポネーゼのオジサンとローマっ子のタクシー運転手が真夜中陽気に盛り上がるとしたら、たいていこんな程度の話題です。)
ところが翌朝になると、話の内容は詳細に憶えているんだけど、お互いそれをどんな言葉でしゃべっていたのか、まったく思い出せない。日本語でないことは確か。でも私のイタリア語能力はあちらの3歳児にも劣る。英語も似たり寄ったり。そもそも「脚」ってどう言うの?ってレベル。なんでそんな込み入った話ができたのか今でも不思議、摩訶不思議。やはりアルコールの魔法。

だったら、これから外国人と話すときは、いつも酔っぱらうようにすれば怖いもの無しだとも思うけど、そう上手くもいかない。そもそも、アルコールの魔法が効くのは、大学帰りのJ氏との会話を思い返しても、また、ローマの夜を思い出しても、どうやら、ある「特定の話題」に限られているような気がする。

そんなわけで、ちょっと真面目に英会話を勉強しようと思う。大学帰りの電車の中でJ氏にむかって、自分の研究の面白いところをちゃんとアピールできるくらいにはなりたいからだ。とか言っちゃって、英会話を勉強しようと考え始めたのは、J氏がやっている英会話のプライベートレッスンの授業料を聞いたから。だってタダで一流の先生のプライベートレッスンを受けられるんだから、利用しない手はありませんぜ。

このブログでも、今後、何か研究ネタの記事を書いたときには、いくつかキーワードを選んで、その英訳を付けるようにしようと思う。
例えば、こんな具合に。 
「アルコールの魔法」~magic of alcohol  前置詞合ってる?それとも単に alcohol magic がいいかな?
来週、J氏に尋ねてみよう。


|

« 巡見~江戸を縦貫する4 吉原の通り抜け前編 | トップページ | 改・大河ドラマと歴史考証 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/2504348

この記事へのトラックバック一覧です: 英会話始めようかなっと:

» アメリカ人旅行者が率直に描く今の日本 最終回 正座について 編 [明日は明日のホラを吹く-Tomorrow, I'll give you another big talk-]
アメリカから日本語をほとんど話せないアメリカ人が2人来まして古い旅館を選んで泊まったりあまり外国人が行かないような繁華街に入っていって日本の変わったところを紹介しています。この根性はなかなか見上げたものだし日本文化に全く思い入れや理解がない分、かえって... [続きを読む]

受信: 2005/05/09 21:57

« 巡見~江戸を縦貫する4 吉原の通り抜け前編 | トップページ | 改・大河ドラマと歴史考証 »