« 「たけくらべ」論争について | トップページ | 巡見~江戸を縦貫する5 吉原の通り抜け後編 »

2005/01/17

ミスチル栄養ドリンク

多くの人が「自分で自分を元気づけてやらなきゃいけないな。」という時の儀式やらおまじないやらを持っていると思う。ユンケルぐいっとあおって、「さあやるぞ!」(←いったい何をやるの?)という人もいるでしょう。私の場合は、ちょっと仕事に出るのが億劫だったりすると、ミスチル聴いて元気出したりすることも多いかな。

まず「PADDLE」を聴いてから次に「蘇生」。これは強力カンフル剤って感じ。
あと、アルバム・ディスカバリーの最後の方、「ラララ」・「終わりなき旅」・「IMAGE」って組み合わせも結構効く。
「ALIVE」も意外と元気になる(というか開き直れるっていうか)。

今日はこれから非常勤講師やってる川村学園女子大の行事で、浅草へ行って新春歌舞伎鑑賞。もちろんまったく億劫じゃないので、ミスチルの力を借りなくても勇んで出かけるけど・・・・何か1曲聴いて家を出よう。何にしようかな。

|

« 「たけくらべ」論争について | トップページ | 巡見~江戸を縦貫する5 吉原の通り抜け後編 »

コメント

はじめまして、春の雪と申します。

私の今朝、ミスチルの「虹の彼方へ」を聞いてきました♪ 朝から気分爽快です。

投稿: 春の雪 | 2005/01/17 14:09

春の雪さん、はじめまして。こんにちは。
「虹の彼方へ」うーん、まさに気分爽快ですね。
春の雪さんのページ、これからお邪魔します。

投稿: 小林信也 | 2005/01/17 21:46

はじめまして
いつも拝見させて頂いております。

僕は朝早くに起きる時、携帯電話の目覚まし時計機能を使っているのですが、「終わりなき旅」をセットしています。
この曲聴いていると「今日も1日頑張るぞ」という気持ちになります。
まさに「栄養ドリンク」ですね。

この間自分のところのBlogでBOOWYの話をかきましたが、ミスチルもコアなファンだったりします。

それでは今後ともよろしくお願いします。

投稿: かっちん | 2005/01/18 00:49

かっちんさん、コメントありがとうございます。
自分はミスチル聴き始めて2年にも満たないんですが、すっかりはまってしまいました。
今日も、明日も、もしかしたらこのままずっと何も起こんないかもしれないけど、それでも頑張って永遠のパドリング。僕はよく自分の仕事の意義ってのをすっかり見失いますが、それを再びみつけるには(あるいは新たに意義を生み出すには)、やっぱりこつこつ仕事を続けていくこと以外にないんでしょう。いつも、今日だって、そうやって動きつづけて、さあ、次の扉をノックしなきゃね。

投稿: 小林信也 | 2005/01/18 11:14

こんばんわ(^^)今日は、バンクバンドのDVDを見たり、ずっとミスチルを聞きながら休日を満喫しました(笑)
ミスチルカンフル剤として、「ome two three」の「暗闇で振り回す両手もやがて上昇気流を生むんだ」っていう歌詞が大好きなんです。あと「Any」の「今僕のいる場所が探してたものと違っても 間違いじゃない きっと答えはひとつじゃない」と「愛してると君が言う 口先だけだとしても たまらなく嬉しくなるから それもまた僕にとって真実」とか。「くるみ」もやばいですよねー!(全部いいのでキリ無いんですけど(笑))「くるみ」って「来る未来」のことなんですよね!「くるみ」の「引き返しちゃいけないよね」ってとこ聞くと、あー頑張ろうってほんと思います。ほんとになんで櫻井さんはこんな歌詞が書けるんだろう。
しかも櫻井さんのあの声で歌うから、また更に奥深いし。
はーほんとに櫻井さん、ミスチルはすごすぎです!明日からバンクバンドの7月の野外フェスの先行予約ですね!絶対いきたいですーー
ほんと小林さんのコメント見てミスチルについてのブログ自分で作れたら!って思いましたけど、残念ながら知識がないので・・(笑)この場で時々(うざいくらいに)熱く語らせてください(^^)

投稿: いちこ | 2005/04/17 19:36

こんにちは、いちこさん。

「one two three」、いいですよね。スポーツ好きな櫻井さんのメンタリティもよく出ているように思えます。やっぱり、ここでもちょっと屈折気味の闘魂とでもいうべきか(^^)
ずっと両手を振り回し続ける姿って、後の「PADDLE」を少し連想しますね。
「one・・・」の収録されているアルバム「It's a Wonderful World」は私の愛聴盤です。「優しい歌」もいいでしょ。で、いちこさんが堪能されたバンクバンド版の「優しい歌」がまたストレートな感じで好きです。

「Any」は、櫻井さん自身のありのままの心情告白ですよね。この曲でなんか一区切りつけたんだなって感じでいつも聴いています。ちょっとした到達点というべきか。「口先」「嘘」「答え」「愛」「真実」って言葉に彼が込めた意味に対して、いちこさん同様、僕も共感させられています。

「くるみ」は・・・・私にとって、大人のセンチメンタルってのはこうだ!って曲かなぁ。プロモーションビデオに影響されたのかもしれませんね。で、もちろんこの曲、大好きです。リリース後、しばらくの間は、ほとんど毎日、何度も繰り返して聴いていました。「引き返しちゃいけないよね」ってところはエンディングに入るメロディの展開もすごく印象的で、歌詞の内容と相まって、感動のラストって感じですよね。

フジテレビ月曜の教育番組のテーマソングに使われる新曲ってもう聴きました?僕はまだ聴いたことがなくて、明日、楽しみ。

投稿: 小林信也 | 2005/04/17 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/2602318

この記事へのトラックバック一覧です: ミスチル栄養ドリンク:

« 「たけくらべ」論争について | トップページ | 巡見~江戸を縦貫する5 吉原の通り抜け後編 »