« ミョウガのスパゲッティ | トップページ | たらのめとみょうがのスパゲッティ(強くおすすめ) »

2005/05/02

JR西日本の尼崎脱線事故

人の命はどのくらい重いの?
 尼崎の脱線事故の背景には、利便や利潤を重視するJR西日本の体質問題が存在したという見方が強まっている。
 人の命は地球より重い、なんていうけど、それは嘘。
 実際には、利便・利潤とてんびんにかけられたとき、人命なんて本当に軽いものなんだな、としみじみ思う。

誰がJR西日本に石を投げられるのか?
 ただし、JR西日本のことを悪く言う資格が我々全員にあるわけではない。だって、いま享受している利便・利潤が守られるのなら、たくさんの人が死んでも構わない、という姿勢は我々の大多数が共有しているからだ。傍観する立場の我々はJR西日本の同志である。
 たとえば、ここ10年をみても、国内の道路交通事故で毎年8千人から1万人の人が死んでいる。こんな記事を書いている間にも、どこかで誰かが死んでいる。
 もし本気で、人命は地球より重いっていうのなら、この世から自動車・バイクを根絶すればいい。たちまち、その大半の命は救われる。
 しかし、自動車産業がもたらす経済効果や、今日宅配に荷物を出せば明日には届くという便利さ、雨の日にも濡れずに移動できるという快適さなどの代償に、毎年毎年8千人もの命が失われ続けていく。

遅い自動車は好きですか?
 自動車・バイクの即刻全廃が極論だというのなら、全車にスピードのリミッターをつければよい。ちょうどJR西日本に対して列車の自動制御装置の厳格な運用を求めるように。
 すべての自動車・バイクは時速15km以上出せないようにする。消防車など緊急車両は除外。高速道路上だけは、そのリミッターの設定を変えて80kmくらいまで出せるようにしてもいい。
 これならすぐに実現可能ではないだろうか。これで、おそらく毎年何千人かの命が救われる。
 だけど、そんな主張は世の中に受け入れられそうもない。高性能の車に乗る優越感や高速の移動がもたらす陶酔感、目的地に数分早くつけるありがたさの方が、たぶん人命よりも大事なのだろう。
 あるいは、「悪いのは自動車やバイクではない。無謀な運転をするドライバーが問題なのだから、そちらを減らす努力をすればいい。」といった、銃規制反対論者そっくりの意見もあるだろう。
 私自身、自家用車は持っていない(持てない)。しかし、毎日、なんらかのかたちで自動車の恩恵を受けて生活している。だからエラそうなことを口にする資格はない。事故死を減らすべく頑張る技術者や警察その他の人々の地道な努力を無駄なことだと決めつけるつもりもない。
 
 ただ言えるのは、利便・利潤のため今も人を“殺し”つづける集団に、我々は属していることを忘れない方がよいということだ。

|

« ミョウガのスパゲッティ | トップページ | たらのめとみょうがのスパゲッティ(強くおすすめ) »

コメント

さして急いでもなさそうなのに、待つのがいやで、駆け込み乗車をするひとがあります。人間社会みんなが急いでいるから、JRと私鉄という会社間でも競争するわけです。それで脱線する。
また、安全点検で電車を止まらせても、イライラしているひとは多いでしょう。もちろん彼らは死にたいわけではない。しかし何故だかイライラしている。
脱線するまえにもう人間社会のほうが「脱線」してるんじゃないか。自分自身をふくめて、反省しなきゃいけないんじゃないか、と思っています。

投稿: 高尾 | 2005/05/02 21:00

 安全な速度を守らせる装置を、なぜ車に取り付けないのか。実は子供の頃からずっと不思議に思っていました。記事に書いた時速15kmのリミッターじゃなくても、30km、いや60kmでいいから、なぜ取り付けないのか。それも無理っていうなら、とりあえず100kmでもいい。それすらやっぱり無理なんでしょう。
 もしすべての道路交通事故がいわゆる自損事故であるならば、別に何kmで暴走しようと、ドライバーの勝手なんですがね。へこませたガードレールの修繕費が出るくらいの保険に入ってくれていれば文句無し。
 でも、今回の脱線事故と同じく、何の過失もない他人を殺傷する交通事故は現実に多発しているわけで・・・。
 なぜ、車には、今以上に速度を制限する装置が付けられないのか?誰か理由を知ってたらぜひ教えて下さいな。

投稿: 小林信也 | 2005/05/03 23:27

道路の標識に、たとえば「30」という数字があって、その下に傍線が引っ張ってあることがあります。
これは最低速度標識といい、「30」であれば、時速30km以上で走れという意味なんです。ゆっくりはしるとむしろあぶないところがあるということです。高速道路などでのろのろやられると危ないところがあります(といって時速120km以上の速度は必要ないような気がする…)。
だから、せっかちになるなと「説教」する以前に、人間社会はスピードに依存している社会なんだと思いますね。現実的にはその範囲のなかで「説教」するしかありません。

投稿: 高尾 | 2005/05/04 09:14

 高尾さん、こんにちは。
 最低速度標識の件、ご説明にある「ゆっくりはしるとむしろあぶないところがあるということです。」というところを、もっと正確に表現するなら、「他の多くの車が速く走っているところで、自分だけ勝手にゆっくり走るとあぶない。」ということですよね。だから、全車一斉に30km以上で走れないような装置を付ければいい。
 それとも、上記の理由以外で、「ゆっくりはしるとあぶない」という場合があるのでしょうか?
 それはともかく、自動車に自動制御装置をつけるなんて事は無理だろうな、と思っています。たとえ、毎年毎年、何千という人が死んだとしても、それとひきかえに一度手にした利便・利潤、あるいは快楽を失いたくない、というのが我々の本音なんだろうと思っています。

投稿: 小林信也 | 2005/05/04 10:26

「駐停車禁止」というのは走っていないと危ないという所がありますね。それから、ひとが何かの原因で突然歩道から飛び出してきたら、実は全く避けようがないというケースは多いと思います。ふつうのみちの制限時速40kmでも、ぶつかれば6m位置から落下するのと同じ衝撃です。そうやって考えを突き詰めると、スピード云々というより、むしろ車(乗り物全般)そのものが殺人機械だと考えるべきかもしれません。大事故を防ぐには、厳密には、もう江戸時代に返るしかありません(大八車でも人は死にますが)。

結局、スピードと人命、どこで折り合いつけましょうか、ということでしょうか。「車のっていること自体、自殺行為なんだ」と女房と喧嘩しましたが、結局教習所に通い免許をとりました。よかったのか、わるかったのか。長い目でみてみないとわかりません。もし「よかった」としても、それは結果論でしかないのかもしれません。

投稿: 高尾 | 2005/05/05 02:16

 コメントありがとうございます、高尾さん。どうも私の文章の拙さゆえ、何をお尋ねしているのかが不明瞭になってしまったようです。申し訳ありません。
 今回お話しいただいた「駐停車禁止」も、前回の「最低速度標識」も同じことなんですよね。つまり、速度差が大きい状態で車が混在することの危険性ですね。ある速度で車が走っている場所に、それよりずっと遅い車や停止した車が混在することで発生する危険。そうした危険性についてはたぶん私も理解できているんです。
 私の疑問は、そうではなくて、車やバイクがゆっくり走る場合と速く走る場合とを比べて、ゆっくり走るとむしろあぶない、といったことがあるんだろうか、というものです。つまり、すべての車やバイクに一定の速度以上は出せなくなる装置を一律につけた場合、それによって危険が発生するといったことがあるのだろうか、というものです。
 「車(乗り物全般)そのものが殺人機械だと考えるべきかもしれません。大事故を防ぐには、厳密には、もう江戸時代に返るしかありません(大八車でも人は死にますが)。」 これは、もう、おっしゃるとおりで、もし、自動車・バイクによる事故を皆無にするには、自動車・バイクを根絶するしかない。それは「極論」だと考える人が大多数でしょう。
 それゆえ、お書きになったように、「結局、スピードと人命、どこで折り合いつけましょうか、ということ」になるんですよね。その「折り合い」のつけ方として、車・バイクについては現状でやむなし、もう折り合いはついている、と考える。それも一つの考え方です。あとはドライバーや歩行者の安全教育を徹底したり、エアバックなどの安全装置を改良していけば十分であると。正直、半分私もそんなふうに考えています。しかし、そうではなくて、毎年何千人もの人が死に続けるのは、尼崎の脱線事故が週に1~2回ずっと起き続けているようなものである。それはちょっと多すぎるから、スピードの方をもう少し我慢してみることはできないだろうか、という考え方にたったとき思いついたのが、速度リミッターの全車装着という方法なんです。
 で、以前から、試しにいろんな人にその思いつきを話してみてはいるんですが、それは良い方法だ、という人はほとんどいない。逆に、「仮にそんなことをやったとしても効果はない。」、という意見に接することも少なくない(ただし、なぜ効果が期待できないのかはいまひとつ理解できないんですが)。それでも懲りずに今回もお話ししてみた、というわけです。

投稿: 小林信也 | 2005/05/05 11:22

おつきあい頂きましてありがとうございます。

投稿: 高尾 | 2005/05/08 00:23

こちらこそ、ありがとうございます、高尾さん。
その後も、JR西日本の社員に対して、「人命が失われてるんですよ!なんだその態度は!」と、かさにかかってののしる記者の姿などをテレビでみるたび、違和感がつのっています。

投稿: 小林信也 | 2005/05/08 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/3948365

この記事へのトラックバック一覧です: JR西日本の尼崎脱線事故:

« ミョウガのスパゲッティ | トップページ | たらのめとみょうがのスパゲッティ(強くおすすめ) »