« 巡見~江戸を縦貫する17 浅草寺vs寛永寺  | トップページ | Mr.Children、Mステ出演 »

2005/06/07

「私の研究は面白いですか?」11

こんど研究報告します
 この「私の研究は面白いですか?」シリーズでこれまで書いてきた内容、すなわち、江戸の広場に関する従来の盛り場論を批判し、都市民衆世界にとっての広場の存在意義を再評価する、といった話を、こんど人前で発表することになった。
 法政大学大学院のエコ地域デザイン研究所が来月はじめに開催する研究会で、江戸の広場・広小路について報告して欲しいと依頼され、それを引き受けたからだ。

エコ地域デザイン研究所
 ところで、このエコ地域デザイン研究所の所長は、あの陣内秀信さんだ。報告依頼があったのは何日のことだったのか忘れたが、たしか、この「私の研究は面白いですか?」シリーズの前回(第10回)で、従来の盛り場論に対して、少々厳しめの調子で批判をおこなった直後だったと思う。その際、盛り場論の提唱者の筆頭に挙げさせていただいたのが、他ならぬ、陣内さんだ。依頼を受けて、なんだか、すごいタイミングだな、とビビッてしまった。

返り討ち?
 といっても、今回の依頼は、まさか、陣内さんや、陣内さんに近い人たちがこのブログを読んで、「小生意気なことを書いている小林とかいう奴を返り討ちにしてくれよう。」と思われたからではないだろう。
 実は、陣内さんのお弟子さんのひとりが私の親しい友人であり、その友人を介して、陣内さんとも何度かお会いしたことがある。また、去年は、法政大学の工学部で半期の非常勤講師も勤めたりした。そんなご縁で、今回、報告させていただけることになったのだろう。

頑張らねば
 研究会には、陣内さんもご出席くださるとのこと。生産的な議論ができるような報告にしたいものだ。このブログで書いた盛り場論批判については、すでに論文や本で発表し、陣内さんにもお送りしている。
 だから、今回の報告では同じ批判を繰り返すのではなくて、江戸の広場について、より包括的な、新しい考察の枠組みを提示できればいいなと思う。

お詫びとお願い
 そんなわけで、この「私の研究は面白いですか?」シリーズも、こんどの研究報告の準備と平行して、部分的には当初の見通しをややあらためながら書いていきたいと思う。一気に結論まで書いちゃおうと思ってたけど、ちょっとペースが落ちちゃうと思う。数少ない、しかし、私にとっては大切な読者のみなみなさま。少し時間をくだされ。
 その代わりに、研究会当日の議論の内容も、許される範囲内で、このブログで紹介したいと考えています。

|

« 巡見~江戸を縦貫する17 浅草寺vs寛永寺  | トップページ | Mr.Children、Mステ出演 »

コメント

おおおおお。素晴らしい!ご健闘をお祈りしております。

投稿: bun | 2005/06/08 02:14

こんにちは、bunさん。
ご声援、ありがとうございます。
研究会の議論から、今後の盛り場研究、広場研究の新たな論点が生まれればといいな、と思っています。

投稿: 小林信也 | 2005/06/08 08:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/4448444

この記事へのトラックバック一覧です: 「私の研究は面白いですか?」11:

« 巡見~江戸を縦貫する17 浅草寺vs寛永寺  | トップページ | Mr.Children、Mステ出演 »