« お江戸日本橋と都市景観その8 | トップページ | お江戸日本橋と都市景観その10 »

2005/12/29

お江戸日本橋と都市景観その9

 前にも書いたとおり、私は、どちらかというと、都市景観の問題には無頓着な方だ。東京都心のスカイラインなんてガタガタで構わないし、狭い歩道をふさいじゃうような場合を除けば、町中に電柱がたくさん立っていてもぜんぜん平気である。
 それにもかかわらず、ここまでの連載記事で都市景観に関する評論めいたことを書いたのは、日本橋再生運動がしばしばかかげる「歴史と伝統の都市景観を取り戻そう」などといった謳い文句のシラジラしさを十分に確認しておきたかったからである。

日本橋の何を再生したいの?
 要するに、今の日本橋再生運動の主眼は、景観の再生などではない。日本橋地区の経済的な繁栄を再生することである。
 かつて江戸町方の中心であった日本橋は、現代の東京ではその地位を失ってしまっている。銀座や新宿、渋谷、あるいは都市再開発事業が進む六本木や汐留・新橋、そして、従来のオフィス機能に商業機能をプラスして脚光をあびる丸の内。それら都心の他地域に対して遅れをとってしまった日本橋。
 以前の記事で、「日本橋の何を再生したいの?」と問いかけた。その答えは、結局、日本橋の経済的繁栄や過去の栄光ってことになるんだろう。

 だから、現在の日本橋再生運動において、景観の再生が、経済的繁栄の再生よりも優先されることなどありえないように思える。
 日本橋周辺地域における高層ビルの林立に対して、これに歯止めをかけよう、あるいは、高すぎるビルを高架と共に撤去しよう、といった、景観優先の立場からするとしごく真っ当な意見が、今の日本橋再生運動の中で主流になることは、まず期待できないように思える。

「日本橋に首都高の高架は要らない」 
 結局、日本橋地域の経済的繁栄に対する貢献度が低い首都高速の高架に、景観破壊の汚名を一身に背負わせておいて、そのスキに、同じく景観の阻害要因であるはずの高層ビルには、地域経済活性化の核として大活躍してもらおう、というのが日本橋再生運動の大勢であるようだ。
 こうした運動の姿勢を正直に表しているのが、日本橋みちと景観を考える懇談会がホームページで公表している「日本橋地域の現状と課題」の奇妙な中身なのだと思う。
 
 次回は、景観の問題からはいったん離れ、日本橋地域の経済的再生が巻き起こすであろう深刻な問題について考えてみたい。

|

« お江戸日本橋と都市景観その8 | トップページ | お江戸日本橋と都市景観その10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/7890360

この記事へのトラックバック一覧です: お江戸日本橋と都市景観その9:

« お江戸日本橋と都市景観その8 | トップページ | お江戸日本橋と都市景観その10 »