« お江戸日本橋の魅力とは? その7 | トップページ | ワン・コイン古文書講座特別企画~「江戸東京の歴史散歩」へのお誘い »

2006/01/28

第2回ワン・コイン古文書講座 解答

 1月14日に開催の第2回ワン・コイン古文書講座で配布しましたプリントの中の練習題1~4の解答です。

 また、ワン・コイン古文書講座 特別企画「江戸東京の歴史散歩」~新旧2本の江戸のメインストリートをあるく(仮)~ の日時と集合場所だけ発表しておきます。行程はだいたい2時間くらいの予定です。
 ・3月11日(土) 14:00 JR神田駅南口改札外
(詳細は1月31日に当ブログにて発表します。)

練習題の解答

練習1
一札之事
一南傳馬町壱丁目西側北角より四軒目表京間四間半口裏幅同断」裏行町並弐拾間有之私所持之家屋敷壱ケ所此度諸親類相談」之上神田佐久間町四丁目代地家持吉兵衛方江代金七百五拾両ニ」売渡申処実正也然ル上者右家屋敷之義ニ付諸親類者」不及申外より違乱申者無御座候万一異儀申もの有之候ハヽ」私共罷出急度申披各方江少茂御苦労掛ケ申間鋪■為後証親類加判一札仍如件」
文政六未年十月十四日」木挽町三丁目利左衛門店」家屋敷」売主」三河屋 七兵衛」深川六間堀町家主」右七兵衛幼年ニ付後見 甚兵衛」右七兵衛方ニ同居」同人祖母 こや (爪印)」本所松井町弐丁目八郎兵衛店 右七兵衛伯父 惣兵衛」武州荏原郡古市場村」百姓」親類 弥吉」名主 小宮善右衛門殿」同 高野新右衛門殿」五人組中」

練習2
一札之事
一南傳馬町壱丁目西側北角より四軒目表京間四間半口裏幅」同断裏行町並弐拾間有之木挽町三丁目利左衛門店七兵衛所持之」家屋敷此度代金七百五拾両ニ拙者買求候ニ付沽券状之通間数」相改無相違請取申候且又當所塗家ニ被 仰付候場所之義」慥ニ承届申候右急度違背致間敷候勿論家作其外町方」不相応之義致間敷候御傳馬入用町入用共急度差出可申候事」一御法度之義大切ニ相守御觸事地借店借召仕等迄申聞諸事」急度取置其外町法大切ニ相守可申候尤町役之儀者不及申」町内一統之義相滞申間鋪候事」
右家屋敷家守相附候共前書之通申聞為相守可申候家守若滞」候義有之候ハヽ早速拙者罷出滞義無之様可致候尤家守退候歟又者病死抔致候ハヽ跡家守相附可申候若家守不埒之義有■■貴殿より御改有之候ハヽ早速家守附替可申候仍手形如件」文政六未年十月十四日」神田佐久間町」四丁目代地」家持」吉兵衛 」小宮善右衛門殿」高野新右衛門殿」

練習3
一札之事
一南傳馬町壱丁目西側北角より四軒目表京間四間半口裏幅同断裏行弐拾間有之私所持之家屋敷此度親類相談之上桜田太左衛門町家持松屋善太郎方江家質ニ書入金五百五拾両拝借」申候処相違無御座候右ニ付諸親類者不及申外より違乱申者」無御座候万一異儀申者有之候ハヽ急度申披各方江少茂」御苦労掛ケ申間鋪候為後証親類加判一札仍如件」
文政六未年十月十四日」神田佐久間町四丁目代地」家持地主」借主 吉兵衛」神田松枝町安兵衛店」従弟 市兵衛」名主」小宮善右衛門殿」同」高野新右衛門殿」五人組中」

練習4
一札之事
一南傳馬町壱丁目西側北角より四軒目表京間四間半口裏幅」同断裏行町並弐拾間有之七兵衛所持之家屋敷右七兵衛」幼年ニ付惣兵衛後見仕罷在候処此度勝手ニ付後見相改」跡後見之儀者諸親類相談之上甚兵衛相勤申候処相違」無御座候依而今日後見弘メ致候右後見代り之儀ニ付親類者不」及申外より違乱申者無御座候為其一札差出申候仍如件」
文政六未年十月十四日」木挽町壱丁目利左衛門店」七兵衛」同人祖母」こや(爪印)」本所松井町弐丁目八郎兵衛店」右七兵衛伯父」惣兵衛」深川六間堀町家主」右七兵衛幼年」ニ付後見」甚兵衛」武州(刕)荏原郡古市場村」親類」弥吉」名主」小宮善右衛門殿」同」高野新右衛門殿」五人組中」

|

« お江戸日本橋の魅力とは? その7 | トップページ | ワン・コイン古文書講座特別企画~「江戸東京の歴史散歩」へのお誘い »

コメント

私はホームページを作成しています。
そのアドレスを付記いたします。
http://www.kuroiwa-hiroyuki.com/
http://www.geocities.jp/h1929kuroywa/
これは母方祖父、麹町名主の矢部家家系と、母方祖母、旗本梶野家の公的・私的記録を父子2代にわたって記述したものです。また調布市古文書学習会にも参加しています。

投稿: 黒岩博之 | 2010/03/07 14:58

先に投稿しました黒岩です。検索で私の名前を投入すると「ワン・コイン古文書講座」が冒頭にでてきます。他にも私の掲載記事は多くあるのですが、貴HPが最初に出てくるのに不思議な感じで見ています。
お陰で、各方面で採用され、今まで検索でも拾えなかった先祖が随所に出てくるようになりました。高祖父矢部常倫、曾祖父矢部常行、祖父の矢部晴吉の名前で拾えるのには驚きです。麹町名主、麹町区でも私のHPを参考にしていただいています。
また母方祖母家系梶野良材(よしき)がwikipediaにも掲載されるようになりました。梶野良材が著書で現した「天保4年正倉院御開封」「御醍醐帝笠置落ち」「禁中新嘗祭」等々も私のHPが掲載されています。
特に、裏六番町に住んでいた梶野良材の住居の詳細まで知ることができたのは、大きな感激でした。

投稿: 黒岩博之 | 2011/10/03 16:09

コメント、ありがとうございます。

「他にも私の掲載記事は多くあるのですが、貴HPが最初に出てくるのに不思議な感じで見ています。」

このブログは更新も怠りがちで内容も雑多で記事の整理もできていないんですが、不思議と検索システムとは相性が良いみたいです。とくにgoogleとの相性が良いようです。

この相性の良さの具体的原因がわかれば、そのノウハウでひと商売できるんですけど(笑)

残念ながらさっぱりわかりません。

投稿: 小林 | 2011/10/04 19:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/8376879

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回ワン・コイン古文書講座 解答:

« お江戸日本橋の魅力とは? その7 | トップページ | ワン・コイン古文書講座特別企画~「江戸東京の歴史散歩」へのお誘い »