« お江戸日本橋の魅力とは? その5 | トップページ | 第2回ワン・コイン古文書講座が開かれました。 »

2006/01/13

明日、古文書講座でお会いしましょう

明日はいよいよワン・コイン古文書講座です

 明日14日の土曜日、午後4時から、品川区大崎の立正大学のキャンパスで開かれるワン・コイン古文書講座で講師をつとめます。
 江戸の町とはどのようなところだったのかお話しながら、基本的な古文書を読んでみようと思います。
 みなさまのお越しをお待ちしております。

 事前のご予約などはいりません。明日、会場にお越しいただければ、お1人さまワン・コイン500円で受講できます。

 これまで古文書は読んだことがない、という人も大丈夫です。

 今回は第2回目ですが、前回出席されなかった方も歓迎します。基本的に内容は1回完結のかたちですすめていきますから、前回出席されなかったからといって、まったく問題ありません。

 もちろん、とりあえずは今回だけ出席してみよう、という方もOKです。もし面白かったら、次回以降もよろしくお願いします。

 古文書読解にはあまり興味はないけれど、江戸の町について知りたい、という方もぜひお出でください。最先端の研究成果をもとに、特に予備知識のない方にもわかりやすく、絵図や絵画資料などを使いながら、江戸の町のありさまについて解説したいと思います。

 興味を持たれた方は、こちらのページで日時・場所の詳細をご確認の上、ご出席ください。みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

第2回ワン・コイン古文書講座
○日時:1月14日(土曜日) 午後4時15分(4時から開場)~6時15分
○場所:立正大学大崎キャンパス(住所〒141-8602 東京都品川区大崎4-2-16)11号館1171教室(最寄り駅は山の手線の五反田・大崎駅、駅から徒歩7分です)
 案内図はこちらこちら
○料金500円(これ以外に会場費や資料代など一切いただきません)

|

« お江戸日本橋の魅力とは? その5 | トップページ | 第2回ワン・コイン古文書講座が開かれました。 »

コメント

がんばってください。
明日は、ボクの職場でも古文書講座です。
もっとも、担当ではないので、気楽なものですが。

投稿: あるアーキビスト | 2006/01/13 18:37

“アーキビスト”さん、いつも励ましのお言葉、ありがとうございます。
終了後、こちらのブログにてまた当日の様子や感想などご報告したいと思いますので、よろしければ、またのぞきにきてください。

投稿: 小林信也 | 2006/01/14 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/8138252

この記事へのトラックバック一覧です: 明日、古文書講座でお会いしましょう:

» 古文書講座に参加してきました [ギエぽん堂]
今日は、当ブログの前身である「ギエぽんの独白部屋」に度々コメントを頂いた高尾善希さんと小林信也さんが主宰されているワンコイン古文書講座に参加してきました。この講座は、博物館が主催するといったタイプのものではなく、ネット発という非常に珍しい試みであります。 ...... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 22:04

« お江戸日本橋の魅力とは? その5 | トップページ | 第2回ワン・コイン古文書講座が開かれました。 »