« 巡見~江戸を縦貫する 番外 ヒルズヒルズヒルズ | トップページ | 巡見~江戸を縦貫する 番外 ヒルズヒルズヒルズ 感想その1 »

2006/02/13

お江戸日本橋の魅力とは? その10

ご紹介
 本連載「お江戸日本橋の魅力とは?」のその8では、何かの手違い(?)からだと思うんですが、ビルオーナーの日ごろの主義主張を真っ向から否定し、日本橋に背を向ける方向で建てられてしまった高層ビルについて批評してみました。
 その後、ネットを検索していて、「都市徘徊blog」のasabataさんの書かれた、「まさにそのとおり!」と共感できる記事とお写真に出会えたので、無断ですが、紹介します。こちらをクリックしてみてくださいませ。
 ニューヨークからやってきた、逆走する帆船の姿です。
 他にも、「都市徘徊blog」さんの方では、都市景観について興味深い記事がたくさんあります。これまた無断ですが、おすすめします。たとえば、こちらとか、こちらとか。
 個人的には、こういう写真や、こういう写真に見入ってしまいました。

|

« 巡見~江戸を縦貫する 番外 ヒルズヒルズヒルズ | トップページ | 巡見~江戸を縦貫する 番外 ヒルズヒルズヒルズ 感想その1 »

コメント

リンクとコメントを頂き、たいへんありがとうございます。私のblogでも日本橋の景観については触れておりますが、私は石原知事の乱暴な発言に触発されて、つい首相を擁護するようなコメントを書いてしまいました。しかしその後、私などより遙かに詳細に書かれているこちらの記事を拝見し、特にまとめ記事を拝読し、問題がそれほど単純ではなく、高架の撤去にどれだけの価値があるか、かなりの疑問があることにも気づかされました。感情的には撤去したいところですが、冷静に考えたとき、大金を投入すべきかどうかはまた別問題なのですね。
江戸縦貫の記事などを参考にしながら、私もいずれ吉原方面などへも足を伸ばしてみたいと考えております。こちらこそ今後も楽しく読ませて頂きます。

投稿: asabata | 2006/02/15 02:52

 きょうの産経新聞に日本橋再生計画の記事が掲載されておりました。
 高速道路を撤去し、景観をよくする、とだけしかありませんでした。
 もっと深部まで追究すれば、内容も変わるかもしれませんね。

投稿: あさくらゆう | 2006/02/15 07:19

asabataさま、コメント、ありがとうございます。なんだかんだとイチャモンをつけてますが、日本橋再生事業には色んな可能性も存在しているように思います。また、それら可能性について良質の議論が活発に行われるなら、都市の将来のために有益だとも思います。石原さんの提案などは取り上げる価値もなく無視しちゃいましたが。
それはともかく、以後、よろしくお願いします。

投稿: 小林信也 | 2006/02/15 12:17

こんにちは、あさくらさま。マスメディアやネットで展開される論説を概観すると、撤去に賛成する場合でも反対する場合でも、もしも首都高の高架が撤去されたならばそれだけで簡単に日本橋の景観が改善されるはずだ、という単純で短絡的な認識を多くの論者が無批判に共有しているようにみえます。そんな点に不満を感じます。

投稿: 小林信也 | 2006/02/15 12:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/8637586

この記事へのトラックバック一覧です: お江戸日本橋の魅力とは? その10:

« 巡見~江戸を縦貫する 番外 ヒルズヒルズヒルズ | トップページ | 巡見~江戸を縦貫する 番外 ヒルズヒルズヒルズ 感想その1 »