« お江戸日本橋と都市景観 補遺 | トップページ | 次回巡見のご案内 »

2006/10/04

このブログのご案内

このブログのおおまかなご案内です。

ワン・コイン古文書講座の関連記事
私も運営に参加しているワン・コイン古文書講座に関する記事です。
ご覧のページの左端上の方にある「カテゴリー」の欄の「古文書講座」をクリックして関連記事をご覧ください。
小林担当の第2回講座で出題した練習題の解答はこちら


NHK「フリーター漂流」をみて
NHKのドキュメンタリー番組「フリーター漂流」をみて考えたことを書きました。この時期、フリーターについて考えることで、(ちょっと飛躍しますが)日本近世史や都市史を自分が研究することの意義が少しみえたようにも思いました。ただし、前編・中編のみ。後編を書こうとすると、書きたいことがあまりに多く、うまくまとめられませんでした。最近、格差社会論がたくさん提出されていますが、それらに学びつつ、自分なりの考えがもう少しまとまったときに、後編を書きます。
前編 中編


「たけくらべ」論争について
巡見「江戸を縦貫する」の準備として吉原遊郭跡周辺のことを調べていた際、「たけくらべ」論争について考える機会がありました。当ブログのなかで、歴代もっともアクセス数が多い記事かもしれない。いつも学期末にアクセスが急増することから、ひょっとして、あちこちで学生さんたちのレポートのネタとして役立っているのかな?もしそうだったら、匿名でいいからお礼のコメントを付けるように。それと、成績評価が低くても文句言わないでね。
 「たけくらべ」論争についての記事はこちら

大河ドラマと歴史考証
歴史研究者が大河ドラマにイチャモンつけることに対してのイチャモンです。たとえば、もしアイドル歌手の音程やら発声法に対して音大生が文句言ったり、庶民的なレストランで家族が楽しげに食事しているテーブルの横で、料理研究家がその店の料理を分析して理路整然と欠点をあげつらったりしたら、ちょっと悲しくなってしまうと思う。
記事は、こちらこちら


以下の5項目はまだ該当する個別記事へのリンクが張ってありません(部分的には張ってありますのでご利用ください)。

連載「巡見~江戸を縦貫する」
毎年、私の講義を聴いてくれる学生さんたちに声をかけて一緒におこなう東京巡見(歴史散歩)の記録です。
三ノ輪の浄閑寺・吉原ソープ街からスタートして、浅草・神田・日本橋とあるき、ゴールは江戸城本丸の天守台跡、というコース。今年も数回にわけて実施しました。でも当ブログの連載記事は未完。早くつづきを書かなきゃ。
   3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
(とりあえず、ご覧のページの左端の上の方の「カテゴリー」の欄の「まちあるき」をクリックしていただき、スクロールで過去の記事群へさかのぼってみてください。)

連載「お江戸日本橋と都市景観」
巡見「江戸を縦貫する」の道中で日本橋に立ち寄って橋やその周辺の景観を眺めた際、橋上の首都高速を撤去しようという運動に対する素朴な疑問が湧きました。その疑問をもとに短い連載を書くつもりでしたが、連載を開始してしばらくたった頃、小泉総理がこの再生運動を積極的に支持する意向を表明するという出来事があり、それに刺激されて私の連載の方も長くなってしまいました。以後、検索かけてこれらの連載記事にお出でくださる方や、コメント・トラックバックをくださる方も増えました。
 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 まとめ

連載「お江戸日本橋の魅力とは?」
今の日本橋再生事業への批判をまとめたのが連載「お江戸日本橋と都市景観」です。その連載をひとまず終えて、やはり批判だけでは生産的ではないと思い、本当に再生すべき日本橋の良さとは何かを考えるために始めた連載です。連載中。
 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

連載「私の研究は面白いですか?」
江戸・東京の広場・盛り場に関する自分の研究の紹介です。書き始めは「飲み屋のカウンターで偶然となりあった人を相手に、ごく短い会話のなかで自分の仕事の面白さを伝えるにはどのように話せばよいか?」という設定での連載でしたが、結局は、ややこしく長い話になっちゃいました。この連載も未完。連載記事のうち、「2」では私の歴史研究の動機を披露しています。また、「10」の本文とコメント「12」あたりが、とりあえず、連載の中間総括になっています。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

家庭でつくる“なんちゃってイタリア料理”のレシピ
忙しくても作れるイタリア料理。ほとんどがスパゲッティです。市販の料理本などにでているレシピではなくて、いちおう、私のオリジナルレシピか、あるいは自分なりにほんの少しでもアレンジしてみたレシピを選びました。鶏の水煮、菜の花のスパゲッティ、キャベツのスパゲッティ、“ミラノ風カツレツ”風カツレツ、ミョウガのスパゲッティ、タラノメとミョウガのスパゲッティ、ローマ風タラ白子のフライ、アシタバのスパゲッティ、ゴマ汁スパゲッティ、ゴーヤのスパゲッティ、しいたけのスパゲッティ、ホタルイカのスパゲッティ
(とりあえず、これらの記事は、ご覧のページ左端、上の方の「カテゴリー」の欄の「グルメ・クッキング」をクリックしてお読みください。)

|

« お江戸日本橋と都市景観 補遺 | トップページ | 次回巡見のご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/12146210

この記事へのトラックバック一覧です: このブログのご案内:

« お江戸日本橋と都市景観 補遺 | トップページ | 次回巡見のご案内 »