« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/29

映画『どろろ』の感想と、ミスチル主題歌「フェイク」についてほんの少しの感想

 映画『どろろ』を観た。ご存知、手塚治虫が原作のコミックの映画化。『週刊文春』に載っていた、おすぎの映画評でも高評だったので、期待しつつ、それでも期待しすぎないようにつとめながら映画館へ。 なかなか良い映画でした。
 映画のあらすじ~時は戦乱の世。ある武将が、化け物と契約を結ぶ。天下をわがものとすることと引き替えに、生まれてくる我が子の体の48箇所の部分を化け物たちに与えるという約束。こうして体のほとんどを失った赤ん坊は川に流される。その男の子が人造の体を与えられ、成長して化け物たちと戦う旅に出る。化け物を倒すたびに彼、百鬼丸はひとつずつ自分の体の部位を取り戻していく。そんな彼と偶然出会って共に旅することになったのが、泥棒のどろろ。どろろは、とある武将に親を殺され復讐を願っている。百鬼丸の使う最強の武器は左腕に仕込まれた刀だが、百鬼丸が左腕を回復した機会にその刀をわがものにして復讐に使おうというのがどろろのねらい。このどろろは、男として育てられたが、実は女。そんな旅の途中、どろろの敵である武将が百鬼丸の父であることが明らかとなる。でもって――、というのがあらすじです。
 
 個人的にはどろろ役の主演女優、柴咲コウに見とれてしまいました。年末、柴咲コウが出演したTVドラマ『GOOD LUCK』の再放送を見てあらためて感心しましたが、今回もこの女優さんの魅力を再確認しました。

柴咲コウのいわゆるツンデレ
 
 『GOOD LUCK』の航空整備士役は、木村拓哉演じるパイロットを相手にした、いわゆるツンデレのお手本みたいなキャラクター。そうそう、同じくTVドラマの『オレンジデイズ』の難聴に悩むバオリニスト・ピアニスト役も、やっぱりツンデレ・キャラクターでした。相手は今回の映画と同じ、妻夫木聡。
 
 今回のどろろ役も、煎じ詰めれば、ツンデレの亜種みたいなもんですよね。手塚治虫的亜種といってもいいかな。表面的には「デレ」の部分が極端なまでに抑制されているがために、よけいに引き立つツンデレというか。どろろの他には、たとえばリボンの騎士のサファイアとかね。男装の女の子という設定が共通。
 
 そんなツンデレ評論の観点からすると、今回の映画『どろろ』では、ラストシーンがなかなか面白かったです。まあ、これもよくあるパターンといえばパターンなのかもしれないけど、上記のTVドラマと比べても、なかなか爽快?でした。百鬼丸がいつ「アレ」を化け物から取り戻していたのか、という至極まっとうな疑問をもつ人は当然多いらしく、ネットなどでも論点化していますが、まあ、そうしたことも織り込み済みの、よくできた脚本でした。
 
無いものねだりを少し

 柴咲コウの魅力はともかく、映画の構成については少し注文が。映画のなかほどで繰り返される化け物との格闘シーンの連続はちょっとつまんなかった。まあ、アクション班への配慮もあっての編集だったかもしれない。個人的には前後の文脈あってのアクションシーンだとは思うんだけど。香港のカンフー映画とかで、主人公が一番の敵役と遭遇するクライマックスの前に、連戦シーンとか訓練シーンの断片がしばらく続く部分があったりしますよね。それを連想。で調べたら、今回の映画のアクション監督が香港映画の人だと知って少し納得。意識的な演出なら、それも面白いか。
 もうひとつの注文は、百鬼丸の父が化け物と非情の契約を結ぶにいたるまでの、人間に絶望していく過程がもう少し描かれていると良かったと思う。冒頭のシーンの極端なまでの凄惨さがその過程の象徴なんだろうけども、もっとストーリーとして展開してほしかった。彼の絶望がそもそもこの物語の出発点なわけだろうし、彼の最期も、そうした絶望との闘いとしてより深く印象づける方が良かったような気もする。まあ、いわゆるエンターテイメント作品にそんな無いものねだりをしなくても、“無いもの”はお客が自分の頭で補って観てあげれば十分だけどね。すべてが描きこまれてる必要はないもんね。

 ともあれ、『どろろ』、楽しめました。

ミスチル「フェイク」
 
 ついでながら、ミスチルの主題歌「フェイク」も面白い。映画にふさわしいかどうかはちょっと微妙だけど、歌詞が面白い。少し前の記事で、ミスチルの「しるし」について、ここしばらくのミスチル・ラブソングにつきものだった苦味・自嘲・皮肉といった“スパイス”が使われていない、ピュアなラブソングだという感想を書きましたが、そこでは使われなかった苦味・自嘲・皮肉が、そのまままとめて詰め込まれちゃっているのが「フェイク」かなと。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/01/24

鶏レバーのスパゲッティ

 久しぶりにスパゲッティのレシピなど。近所のスーパーに行くと、もうタラノメやらミョウガが並んでいて、ここはひとつ、自信作のタラノメとミョウガのスパゲッティを食べたくなるところだが、それはまたあらためて。
今日は、鶏レバーのスパゲッティ。レバー好きの人はぜひ試してみて。
 レバーはそれほど好きではない子供に試食させたら、これは美味しいと言って食べてました。というわけでレバー好きじゃなくてもいけるかも。

 ポイントは、どうやって具が麺にからみやすくするか、ということと、加熱したレバーのボソボソ感をどうカバーするかということでしょうか。

1.玉ねぎ(半個)のくし切りとオリーブオイルをフライパンに入れて、じっくり加熱していく。イタリア料理用語だとソフリットっていうやつです。

2.スパゲッティをゆでる鍋に水を入れて火にかける。

3.玉ねぎに色がつきはじめてくたくたになったら、鶏レバーを入れていためる。レバーは、フライパンのなかでくずして麺にからみやすくするんですが、生に近い状態だとうまくくずれません。しばらく加熱して、八分どおり火が入ったら、オタマのふちでもってざくざく切ったり、オタマの背で押しつぶしたりしていきます。くずし加減はお好みで。そうそう、くずす前、フライパンにレバーを入れて少ししたところで、日本酒と、もしあればマルサラ酒の両方を入れます。なければ、日本酒のみで。

4.レバーをくずしている途中で、沸騰した鍋に塩を入れてスパゲッティをゆではじめます。

5.ゆであがったスパゲッティをしっかり湯切りして、フライパンに入れて、具とからめたらできあがり。もしあれば、パセリ(イタリアンパセリならなお良し)のみじん切りを加える。入れるタイミングは、仕上げの段階よりも少し前、レバーを炒めている途中がいいと思います。

 レバーをうまく食べるには、油分と甘みを補うのが良いと思います。甘みが出るまでじっくり炒めた玉ねぎと、日本酒・マルサラ酒の甘みを利用します。油分はオリーブオイルをたっぷりめに使えば良いかと思います。クリームとか入れるのもひとつの手かもしれませんが、個人的にはちょっと重すぎる気がします。

 さて、合わせる飲み物はなんにしましょうか。濃いめの白ワインか、ちょっと甘めの糖分が残った赤ワインか。

 でも一番のおすすめは、濃めの純米酒。常温かぬる澗で。うちは、わが埼玉の誇る地酒、神亀。神亀酒造はおいしい吟醸タイプの酒もいろいろありますが、こうした料理にあわせる場合、自分が一番好きなのは普通の純米酒「神亀」。 
 「神亀」については、またあらためて記事を書きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

「巡見~江戸を縦貫する」本年度最終回のご案内

 本年度の「巡見~江戸を縦貫する」では、三ノ輪にある遊女の投げ込み寺・浄閑寺からスタートして、吉原ソープ街→山谷ドヤ街→浅草新町→浅草寺→浅草橋問屋街→神田問屋街と歩いてきました。今回がいよいよ本年度の最終回で、日本橋から丸の内を経て江戸城本丸までの区間を歩き、巡見の全行程を完結させます。

 巨大都市江戸に一本串を突き刺してみて、その端から端まで歩き通してみるというのが巡見の趣旨です。むろん、江戸を串刺しにする場合、この巡見コース以外にも、いろんな方向に串を打つことが可能です。しかし、江戸の重層性・多様性を実感しつつ、同時に、現代都市東京の重層性・多様性にも幅広く触れるためにもっともふさわしいコースが、吉原遊郭の裏手に始まって江戸城の天守台に終わるこの巡見コースだと思っています。

 問屋街を歩いた先日の巡見は、季節はずれの豪雨にぶつかりました。寒いなか足を濡らしながらの強行軍にて、参加者のみなさん、ご苦労様でした。また、番外の巡見として近代都市史研究者の大岡聡さんたちと一緒に行った新大久保のコリアンタウンの活況は印象的でした。それから、赤坂アークヒルズ・六本木ヒルズ・表参道ヒルズの三ヒルズ歩き比べは、現在、東京のあちらこちらで増殖している「都市再開発」空間の過去と未来を考えるための手がかりを豊富に与えてくれました。

 ともすればノッペラボウに見えやすい都市社会が、本当はそれぞれがかなり異なった多様な部分からできた、モザイクのようなものだという感覚を保つことが大事だと思っています。
 
 そのような感覚こそが、過去・現在の社会の諸局面を対象とする研究のモチベーションにつながるし、また、そうした諸局面に視線を向けている自分自身の立ち位置を相対化し、わが眼のレンズの色やら偏差やらを知らしめてくれるからです。

 そんなわけで、下記の要領をご検討の上、皆さんふるってお出ましくださいませ。例によって、この巡見のお誘いは、基本的には私が今年度担当している各大学での講義の受講生を対象にしていますが、それ以外、過去の受講生の方や一般の方も遠慮なくどうぞ。ただし、一般の方は、ご面倒ですが、私宛に住所・氏名を明記したメールをお出しください。集合場所などを折り返しご連絡します(アドレスはプロフィール欄をみてください)。

    記
 日時:2007年2月17日(土)の午後。所要時間3時間半強。
 集合:当日正午12:00。
 集合場所:講義の際のご案内のとおりです。
     集合場所がご不明の場合はメールでお尋ねください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »