« 第10回ワン・コイン古文書講座 自習題解答その2 | トップページ | 第10回ワン・コイン古文書講座 自習題解答その4 »

2007/03/02

第10回ワン・コイン古文書講座 自習題解答その3

4頁下段分です。解説は後ほど。
(つづき)
およひ候段者同様之筋ニ有之候左候迚右町」内ニ限駒寄等補理候様ニも難申付候間前々」之通日覆床為差出候ハゝ町内之もの共渡世之」弁利者勿論往来人怪我等致し候憂も無之」御仁恵之筋ニ有之候尤右床見世之儀者元より」手薄之建物ニ付御堀端六尺通相除候迚却而」往還を狭メ候而已ニ而敢而非常之為メニ者相成」間敷候間全以前之通ニ古復可被仰付候哉勿論」此上外御堀端町々より同様無余儀筋申立古」復之儀願出候類有之間敷とも難申候間」願ニよらす被仰付候者相当仕間敷哉ニ付今」般之願書者下ケ遣候上無余儀候筋を以別段ニ」古復申付候様可仕哉ニ奉存候依之組廻り之もの」差出候風聞書并絵図面相添此段奉伺候」(以下但し書き)本文日覆床見世先前冥加上納金等」不仕尤町内往還異変有之候節者右入用半金持主より差出来且」御成御道筋之節者取払 御見通等之節ハ」其侭ニ差置候仕来ニ御座候」一去未十二月中取調相伺候市谷八幡町」地先下水上葭簀張古復之儀も本文」同様之趣意ニ而去月十五日伺之通被仰渡候」(以上但し書き終わり)以上」申五月」遠山左衛門尉鍋嶋内匠頭」

|

« 第10回ワン・コイン古文書講座 自習題解答その2 | トップページ | 第10回ワン・コイン古文書講座 自習題解答その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第10回ワン・コイン古文書講座 自習題解答その3:

« 第10回ワン・コイン古文書講座 自習題解答その2 | トップページ | 第10回ワン・コイン古文書講座 自習題解答その4 »