« 近世の終焉としての現在 5 | トップページ | 近世の終焉としての現在 7 »

2008/05/28

近世の終焉としての現在 6

  Ⅱ.小経営の時代の終わり

 ②商店街の消滅

 私の家の近所に、○○通り商店街という場所がある。私が引っ越してきた17年くらい前には、まだ通りの入り口には、商店街の名前を掲げたアーチがかかっていた。年末には福引もやっていて、何千円かの商品券をあてた記憶もある。私が引っ越してくる以前は、にぎやかな夏祭りも開かれていたという。
 
 入り口のアーチが撤去されたのは、私が引っ越してきてから数年後のことだった。そして、荒物屋・ケーキ屋・薬局・本屋・寿司屋・豆腐屋などが次々に店をたたんでいった。今は、商店街というよりも、ありふれた住宅街の中に、商店がところどころかたまって点在している、という状態だ。
 一般の住宅街と異なるのは、装飾の施された街灯が通りに並んでいることぐらい。それが唯一、ここがかつては繁華な商店街であったことの痕跡といえるだろう。

 とりあえず、小売商店に注目して、商業統計調査などをパラパラめくり、数字をおおざっぱにあげておこう。1958年だと、全国の小売商店の店舗数(事業所数)は、約140万店舗。そのうちの、なんと90%余りを個人商店が占めていた。数にすると、およそ126万店舗となる。

 その24年後の1982年だと、店舗数は、約172万店舗に増えている。そのうち、個人商店が占める割合は約73%で、その比率は下がっているが、店舗数全体が増加していて、個人商店の数が減ったわけではない。およそ125万店舗が個人商店であって、ほとんど変化は無い。店舗数全体の増加は、法人商店の増加によるものである。

 それから20年後の2002年になると、状況は大きく変わっている。この間、店舗数は減少し、約130万店舗となった。そのうち、個人商店の占める割合はおよそ55%で、その数は約72万店舗。20年間に、なんと53万店舗も減少している。つまり、この20年間で、個人商店の数は、42.46%もの減少をみせたのである。
 まさにこれは激減といえる。

その後の個人商店の減少率は、2002年から2004年までの2年間で7.9%、2004年から2007年までの3年間で13.4%となっていて、依然としてかなり大幅な減少が続いている。

さらに、これらの個人商店のなかから、従業員の多い店舗(例えば、何人ものアルバイトを抱えて経営するコンビニなど)を除いた、家族のみ、あるいは、家族とごくわずかの雇用従業員だけでやっているようなタイプの店舗を対象にすると、その減少傾向は、もっと顕著になるだろう。

 つまり、夫婦・家族を中心にした小売商店というものは、急速にこの日本社会から姿を消しつつある。

 もろもろの統計をあたれば、残ったお店を支える人々の高齢化傾向や後継者の欠如といった状況を数字で明示できるだろう。おじいさんとおばあさんが、さほど儲かっているとも思えないお店をやりつつ、「息子は勤め人だから、この店も私たちの代でおしまいだ。」と言っているようなケースである。全国的な統計分析などは、またいつか。

 このように、先の記事に書いた農家の場合とほぼ同じ状況が、個人商店=商家においても見出せるのである。

 そして、こうした個人商店の激減と平行して現象しているのが、商店街の減少であろう。これも、ちょうど農業集落の減少と同様である。

|

« 近世の終焉としての現在 5 | トップページ | 近世の終焉としての現在 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/41350672

この記事へのトラックバック一覧です: 近世の終焉としての現在 6:

« 近世の終焉としての現在 5 | トップページ | 近世の終焉としての現在 7 »