« 今年度第1回めの巡見のご案内 | トップページ | 近世の終焉としての現在 2 »

2008/05/13

近世の終焉としての現在 1

 近年、大学での授業で、たびたびする話がある。その話をしばらくこのブログでも綴ってみたい。

 なぜ、今、学生さんたちは近世史を勉強した方がよいのか、といった話である。

 20世紀末から21世紀初めにかけて、つまり、現在は、きっと、日本史上におけるもっとも大きな転換点だと思う。ただ、ふだん生活していると、そうした転換には気づきにくい。誰しも、今日は昨日とだいたい同じだし、今日と同じ明日が来ると思って生きている。現在、私たちの身の回りで起きている社会の大変化を認識するには、そのためのアンテナを立てる必要がある。で、そんなアンテナを立てるためには、近世史を勉強する必要がある。その理由を説明しようと思う。

 以下の話の構成は、だいたい次のとおり。

Ⅰ.日本史の転換点をめぐって
  われわれの社会のルーツはどこか
  近世・近代連続史観~尾藤説と朝尾説の一致
Ⅱ.小経営の時代の終わり
  農村の消滅
  商店街の消滅
  疑似小経営的サラリーマンの家庭の解体
Ⅲ.近世の終焉としての現在
  家業の解体と少子化・非婚化
  無用となった地域コミュニティー
  名君政治の終わりと迷走

 エピローグ、「新しい日本」

|

« 今年度第1回めの巡見のご案内 | トップページ | 近世の終焉としての現在 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/41193565

この記事へのトラックバック一覧です: 近世の終焉としての現在 1:

« 今年度第1回めの巡見のご案内 | トップページ | 近世の終焉としての現在 2 »