« 近世の終焉としての現在 15 | トップページ | うなぎ蒲焼きのスパゲッティ »

2008/07/28

8月8日に巡見やります

 江戸城本丸を出発して、三ノ輪の浄閑寺(亡くなった吉原遊女の投げ込み寺)までを歩きとおす巡見「江戸を縦貫する」は、例年、その全行程を、1.江戸城から日本橋まで、2.日本橋から浅草まで、3.浅草から吉原まで、の3区間に分けて歩いています。今年は、すでに第1区間と第3区間を歩きました。というわけで、今回は残りの第2区間を歩きます。

 第2区間では、東京証券取引所や神田・浅草の問屋街などを巡ります。そのため、通常のような土曜開催だと休業中の施設や商店も多く、歩いていても面白くないので、夏休み期間中の平日開催となります。

 この第2区間は、他区間と比べると、一見、地味なコースなんですが、個人的には、最も興味深く歩けるコースです。特に神田の繊維問屋街が面白い。この問屋街にみられる毎年毎年の少しずつの変化に注目しています。それが、新しい社会を生み出していけるようなたくましい芽なのか否か。問屋街の生命力、市場の生命力の問題。
 例えば、築地の魚市場。取扱量が低落しつつも、最近、漫画化・映画化されたり、外国人旅行客にとって都内でもっとも人気の観光スポットになったりで注目を集めています。それはおそらく築地の魚市場の底力とでも呼ぶべき魅力ゆえだと思いますが、市場としての神田のポテンシャルは築地を上回る可能性だってあるようにも思います。

 ここまで読んで、いったい何のことかいな?と思った人、神田の問屋街を見たことのない人は、ぜひ一緒に歩いてみてください。かなり面白いと思うんだけど。

 なお、この巡見全体の趣旨や目的については、こちらの記事を読んでください。

 おおまかな行程は、日本橋~兜町~人形町~神田問屋街~浅草橋問屋街~浅草寺。そのあともし時間と体力に余裕があれば合羽橋道具街から稲荷町まで。当日の暑さ次第でしょう。

日時:8月8日(金) 13:00から(所要時間はだいたい4時間弱かな)
集合:JR神田駅に13:00集合

 集合場所の詳細は講義中にご案内したとおり。ご案内できていない方は、お手数ですが、私、小林宛にメールをください。アドレスは、このブログのプロフィール頁にあります。


 次回以降ですが、11月29日(土)に酉の市・吉原・佐竹ヶ原・柳原土手跡などを歩く予定です。その他には、各“ヒルズ”や品川あたりの都市再開発地域めぐりも実施予定です。こちらは10月末、あるいは来年2月中旬になると思います。

|

« 近世の終焉としての現在 15 | トップページ | うなぎ蒲焼きのスパゲッティ »

コメント

こんばんは。しょこ☆まろと申します。
あるいは、某小藩の「絵図方」です。
…といえば、お判りいただけますでしょうか?
大変ご無沙汰しております。

じつは、こちらのブログ、よく拝見してます。
ホンマ勉強になります。金と暇さえあれば、巡見
にも参加したいですが、なにせ宮仕えの身の悲しさ…。
またチョコチョコ拝見したいと思いますhappy01

投稿: しょこ☆まろ | 2008/07/29 20:12

例の講座、アップしました。ご確認下さい。
http://takaoyoshiki.cocolog-nifty.com/

投稿: 高尾 | 2008/07/29 20:20

高尾さま
ワンコイン古文書講座のご案内記事、拝見しました。さっそくこちらでも案内記事を書いてリンクはります。

投稿: 小林 | 2008/07/30 11:06

しょこ☆まろさま
コメントありがとうございます。というよりも、ご無沙汰、本当に申し訳なく思っています。早く絵図研究の続きをやりたいのですが果たせず、すみません。
ここは、なんだか、書き散らかしのブログなんですが、面白がってくださってうれしいです。励みになります。

投稿: 小林 | 2008/07/30 11:11

業務連絡。準備時間20分をとって20分始まりにしています。

投稿: 高尾 | 2008/07/30 16:22

巡見参加しました。たまたま小林先生のプログが目に留まりずうずうしくも仲間に入れていただきました。見ず知らずの者にも学生さんたちと同じように親切な解説をしてくださり、ひたすら感謝しております。家についてから、先生が渡してくださった資料と、東京の地図を見ながら、時代と庶民の生きていくパワーが重層的になって街が造られていく様子を教えていただいたんだなと一人満足しています。ありがとうございました。日本橋、浅草あたりの地図が、とてっも面白くなりました。11月もぜひ参加したいです。

投稿: 岡山貴美子 | 2008/08/08 22:14

 岡山さま、お疲れさまでした。お手土産のミョウガは美味しく頂いています。今朝は、大葉とミョウガを刻んで豚肉と炒めたのを食べました。ありがとうございます。
 そして、コメントありがとうございます。まさに、「時代と庶民の生きていくパワーが重層的になって街が造られていく様子」に私も魅せられています。その魅力をお伝えできたなら、とてもうれしいです。
 今後とも、どうかよろしくお願いします。

投稿: 小林信也 | 2008/08/10 11:27

今日は下宿している娘を迎えに首都高を走りました。今までは、ただビルの間を走っているだけとしか思えませんでしたが、今日は、久月やら、バンダイやら、証券会社のビル郡がなんだか意味を持って迫ってくるようでした。小林先生のおかげです。ミョウガ、喜んでいただけて恐縮です。先生はお料理上手なんですね。

投稿: 岡山 | 2008/08/10 22:26

 岡山さん、重ねてのうれしいコメントありがとうございます。東京にはまだまだ見ておくべき街がたくさんあると思います。そうやって巡見を繰り返していれば、自分の社会観の根幹部分において、小さからぬ変化が絶えず生じ続けてくれるように思います。そんな変化が無くなるようなことがあったらダメだなぁと。
 
 料理は、毎日、子供たちの遠慮のない批評にさらされながら、頑張っています(ただし、まずいと言われても、無理やり全部食べさせてます)。頂いたミョウガは全部食べてしまいました。実は、うちの裏庭にもミョウガが生えるんですが、飼っているワンコどもがその辺りで片足を上げたりしているのを目撃して以来、どうにも手を出しかねています。今日は、仕方ないので、スーパーで買ったミョウガでスパゲッティでも作ろうかと思っています。子供たちからは大ブーイングかもしれませんが。

投稿: 小林 | 2008/08/12 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/41993940

この記事へのトラックバック一覧です: 8月8日に巡見やります:

« 近世の終焉としての現在 15 | トップページ | うなぎ蒲焼きのスパゲッティ »