« 近世の終焉としての現在 21  まとめ~その3 | トップページ | 近世の終焉としての現在 22 まとめ~その4 »

2009/03/25

明太子スパゲッティは、バターやクリームは抜きで

 今回は、明太子スパゲッティ。

 オリジナル料理、あるいは、少しでも独自の工夫を加えたレシピだけを紹介していく、というこのブログでの方針からすると、ちょっと掟破りかもしれないけど。

 私の明太子スパゲッティの特徴は、シンプルにオリーブオイルと明太子だけで作ること。で、これがよくあるレシピかと思うと、意外とそうでもない。バターかクリームを加えるレシピがなぜか大半だ。

 以前、イタリアからブオナッシージというパスタの神様みたいな研究家を日本に呼んで、有名なイタリア料理店のパスタを評論させる、という雑誌企画があった。そのとき、番外編という感じで、いわゆる和風パスタを何種類も試食させて、感想を聞くコーナーがあった。

 で、彼が結構たくさんの和風パスタを食べた中で、ただひとつ、これは美味しい、と認めたのが、たらこスパゲッティだった。ただし、そのスパゲッティにバターが加えられていたことに対して、彼も否定的だった。

 まず、たらこスパゲッティについてのブオナッシージ氏の高評価に、私も共感する。パスタに必要なのは、具よりもソースである。
 これは、ステーキ丼よりも牛丼の方が概して美味しいのと同様で、パスタ全体にうまく絡まないゴテゴテした具は無意味である。たとえば、手長エビのロングパスタも、エビの出汁が効いたソースが重要で、載せられたエビ自体は、付け足しみたいなもんだろう(食べている途中でエビの殻むきに熱中して麺をのばしてしまうくらいなら、エビは脇に置いてまずソースが絡んだパスタを食べ、その後で、残したエビの方を、セコンドピアットとしてじっくり楽しむのが正解かも)。
 話が脱線したが、要は、たらこスパゲッティというのは、麺全体にしっかりとたらこが絡むという点で、理にかなった料理である。

 バターやらクリームやらを加える意味はない、という氏の指摘にも賛成だ。商売で作るのなら、たらこの量を減らしてバターやクリームでうま味を補うのも、コスト面からすると有効かもしれない。が、たらこをたっぷり使えば、バターやクリームはいらない。魚卵の味を殺しちゃう。

 さて、今回は、たらこじゃなくて、明太子で作る。オリーブオイルを混ぜると、明太子の辛さはほとんど隠れる。で、明太子の熟成した風味が生きる。

 1.ボールかフライパンのなかに、明太子と万能ネギの小口切りを入れ、オリーブオイルを加えて混ぜる。オイルはまず少なめに入れて、全体を混ぜながら、ちょうど良いペースト状態になるまで徐々に加えていく。

 2.1で作った明太子ペーストの中に茹あがってよく湯きりしたスパゲッティを投入して混ぜる。出来上がり。

2009.7.8.付記 バターやクリーム抜きの明太子・たらこスパゲッティのレシピ・リンク
  シチリアではウニで作るようですが、そのウニの代わりに明太子を使ったレシピ。基本的には私が作るものと一緒で、オリーブオイルだけでペーストに。シチリアのウニ・スパゲッティにならって仕上げにレモンを絞るとのこと。シンプルで理にかなった料理。この沈唱瑛さんのレシピはこちら。
  有名シェフの落合務さんのレシピ(のアレンジ?)を紹介したページがこちら。オイルにはニンニク、それから麺つゆで味を足すみたいだけど・・・それらは必要なのかな?
 

 写真は、ちょっと古いもので、昨年の夏に撮ったもの。ホッピーのロックがよく合う。焼酎を割るのではなく、ホッピーだけをロックで。これはとある編集者の方に教わった飲み方.

Photo_8


 

|

« 近世の終焉としての現在 21  まとめ~その3 | トップページ | 近世の終焉としての現在 22 まとめ~その4 »

コメント

明太子スパゲッティのレシピ

ありがとうございます

美味しそうです

投稿: ryuji_s1 | 2009/03/25 11:46

コメント、ありがとうございます。おおよそ、「レシピ」だなんて言えるようなものじゃないんですが・・・。ともかく、バターやクリームは要らないなってことだけ。

投稿: 小林 | 2009/03/27 12:02

はじめまして、文吉と申します。

明太子パスタとホッピーの組み合わせが何とも美味しそうですねhappy02
明太子ペーストもバターを使うよりもサッパリといただけそうですね。
さっそく試してみます。

シンプル繋がりで、美味しいパスタをご紹介します。
(ご存知でしたらゴメンナサイ)

【からすみのパスタ】
輸入食品屋さんでパウダー状になっている「からすみ」が売られています。
※サルデーニャ島産を使いたいところですが、日本ではなかなか手に入らないので、
シチリア産で代用します。

①ボールに茹でたてのパスタを入れ、オリーブオイルを絡めます。

②①がまだ熱いうちに、からすみパウダーを振り入れ全体に絡めます。

たったこれだけで完成です。

注意点は以下の通り!
※からすみは塩気が強いので、少しずつ味を確かめながら入れてください。
※塩気の少ないからすみの場合は、塩を足して味を調えます。

何か具を入れたくなりますが、からすみの風味だけで充分です。

サルデーニャ島の小さなお店で食べて以来、私はこのパスタの大ファンなんですhappy02
その日の店主お勧めサラダは、何故かお皿に山盛りの生の人参スライスでした(笑)
イタリアらしく、テーブルにある調味料で自分好みの味に混ぜ合わせて食べろ!という
パターンです。

↓これも美味しかったので、合わせてご紹介します!

【人参のサラダ】
皮を剥いた生の人参を(お皿の上で)ピューラーで削ります。
※カッターでエンピツを削る要領で。
※同じ人参を、包丁で千切りしたものと、ピューラーで削ったものとで味比べしてみましたが、
人参の風味と舌触りがまるで違うので、必ずピューラーで!
(お店で出されたものを忠実に再現するとこうなります)

味付けは、食べる直前に、塩少々とたっぷりの黒コショウを振り、バルサミコ酢と
オリーブオイルを1:2くらいの割合(お好み)でかけて混ぜ合わせるだけです。
かなりシンプルですが、モリモリ噛んでいると人参の甘味とバルサミコ酢の酸味が相まって、
なかなか美味しいんですよ。
騙されたと思って試してみてください。


サルデーニャ島は一昔前まで、イタリア本土から疎外されていた貧しい島だったと聞いています。
これらのシンプルな料理は、そうした貧しい時代に多くの材料を使わず美味しく食べるという
工夫から生まれたのかもしれませんね。

長くなって申し訳ありませんcoldsweats01

投稿: 文吉 | 2009/06/13 08:58

 文吉さん、はじめまして。コメント、ありがとうございます。

 からすみパスタ、料理本みながら何度か家で作ったことはあるのですが、コストの割りには(笑)いまいちでした。なんだかんだと少し手間のかかったレシピだったような記憶も。
 なるほど、ご紹介のようにシンプルに作れば、間違いのない料理ですよね。今度、ためしてみます。
 人参のサラダも美味しそう。これからのうっとおしい季節には、このサラダで食欲がでそうですね。
 日本のイタリア料理店だと、メインの魚や肉の皿に、中途半端に野菜も盛り合わせてあることが多いですよね。できれば、イタリアのトラットリアみたいに、肉の皿はでーんと肉だけ。野菜が欲しければ、サラダや温野菜の皿を別に頼んで、そっちもそっちでもりもり食べるってのが好きです。ご教示の人参サラダもためしてみます。

 サルデーニャは行ったことがないのですが、興味があります。料理をやる人がここへ行くと、その魅力に結構ハマるみたいですね。

投稿: 小林信也 | 2009/06/15 10:03

そうそう、そーですよねnote

フト思い立って検索してみたところ、やたらバターやらマヨネーズやら
昆布茶やらだし醤油やらをいれるレシピばかりで・・・think
中でもバターは殆んど例外なく入ってるンですよね。。
けど、タラコとバターのコラボをイメージする度に食欲downwardright
(ちなみにたこ焼きやお好み焼きにマヨネーズもshock派です)
そんな折こちらの記事に辿り着き、一気に溜飲が下がりましたhappy02
ありがと~heart04

投稿: 桔梗屋 | 2009/07/07 18:51

桔梗屋さん、はじめまして。
ご賛同のコメント、ありがとうございます。
いうまでもなく、バターってのは相当な優れもので、これをちょっとでも入れると、どんな料理も簡単に旨味が膨らむのですが・・・。自宅で作る魚介系パスタだと、牡蠣やホタテ(ヒモやワタも一緒)のパスタには僕もバターを入れます。こういった材料だと、それ自体の旨味が強いから、後味が消えるときまで、食材とバターの旨味が拮抗しつづけてくれる。だけど、たらこだと、後味の段階でバターが勝ってしまう。極端にいうと、たらこ・明太子で風味づけしたバターソースみたいに。まあ、それはそれでお好きな方はいらっしゃるでしょうから、文句は言いませんがconfident
ただ、たらこ・明太子は、単独で十分美味しいソースになれる素材だから、たらこ・明太子が好きな人には、そっちがおすすめだと思い、こんな記事を書いてみました。
喜んでいただけてうれしいですsmile

投稿: 小林信也 | 2009/07/08 10:50

はじめまして。リンク(最後の方の)して頂きましたブログをやってるnobuと申します。

>オイルにはニンニク、それから麺つゆで味を足すみたいだけど・・・それらは必要なのかな?

必要ありませんでした(^^; 
コチラで紹介されている方法にて試してみたところ、明太子の魅力を失わせてしまっていた事に気付かされました。明太子とオリーブオイルだけで十分に魅力的ですね!

ワタシもバターの風味が漂うモノはチョット苦手だったのでリンクして頂いた事で良い方法を知る事が出来ました。ありがとうございます(^^)

投稿: nobu-Dining315 | 2009/07/30 17:54

nobuさん、コメントありがとうございました。にもかかわらず、レスが遅くて申し訳ありません。しばらく仕事で海外に行ってしまい、ブログのチェックを怠っておりました。失礼しました。
仕事は、オランダで3泊したあとローマに5泊。ローマでは下町にホテルをとって庶民的なレストランで安くて美味しいローマ料理を食べてきました。このブログでも写真などをちょっとずつ紹介していこうかなと思っています。

それはともあれ、バター抜き明太子スパゲッティへのご賛同、ありがとうございます。nobuさんのブログの記事も拝見しました。大葉も良いですね。今度、試してみます。それから、それ以外にも、美味しそうなレシピと写真が満載ですね。これからちょくちょく拝見させてくださいませ。

投稿: 小林信也 | 2009/08/12 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/44459044

この記事へのトラックバック一覧です: 明太子スパゲッティは、バターやクリームは抜きで:

« 近世の終焉としての現在 21  まとめ~その3 | トップページ | 近世の終焉としての現在 22 まとめ~その4 »