« 江戸柳原の古着市場 | トップページ | オランダ・イタリア旅行記~予告 »

2009/06/24

続々・たけくらべ論争~娼妓取締規則をめぐって

 たまにこのブログのアクセス解析っていうのをやる。相変わらず一番読まれているのは、もう4年も前の記事だが、たけくらべ論争についての記事である。今でもほぼ毎日、いくつかのアクセスがある。もちろん、これは僕のブログに人気があるからではなく、名作『たけくらべ』の人気のせいである。

 そのアクセスの先月分が飛躍的に増えていた。一日数百のアクセスが数日間続いた。どうして増えたんだろうって思って調べると、どうやら、この記事を、ある有名な文学者の方がブログでとりあげたり、ご自身の私塾の授業資料に使用したりしたかららしい。というわけで、今度のはその文学者の方の人気のせいである。

 それはともかく、塾での授業で僕の記事がどのようにとりあげられたのか関心がある。が、まあ、それは知りようもない。ただ、塾の生徒の方で授業ノートをネット上に公開されている人や授業感想をブログに書いている人などがいらっしゃるので、それらを興味深く読ませていただいた。また、それらの記事からのリンクで、山本欣司「売られる娘の物語:「たけくらべ」試論」(『弘前大学教育学部紀要』87、2002)も読んでみた。
 ここで本来は、ちゃんとした討論のかたちをとるべきかもしれないが、当方で勝手に集めた間接的で部分的な情報だけをもとに、ご当人がご意見を公表されていない段階(あるいは公表されていても私が知らないだけ?)で、件の文学者の方のお名前を出して反論するのは良くないかなと。というわけで、以下、自問自答みたいなかたちで考察をすすめてみよう。とはいえ、これはこれで相手の方に失礼なんだろうけど。どうかご勘弁のほどを。関連ブログへのリンクなども当面は控える。もし、状況が整えば、リンクなりトラックバックなりしようかなと。

 さて・・・

 たけくらべ論争の概要についてはこちらこちらの過去記事を。
 要は、物語の終盤、急に元気を無くした主人公の少女美登利について、彼女が元気を無くした原因をめぐる論争である。初潮をむかえたからだという初潮説のほか、吉原の遊女屋で初めて客を取ったからだという初店説、あるいは、娼妓に対して義務付けられていた身体検査を遊郭隣接の検査場で初めて受けたからだという検査場説(初検査説)などがある。

 以前の記事においては、これらの諸説のうち、初店説と検査場説は成り立たない、と主張した(ただし、私が否定するのは一般的な遊女デビュー形式での初店説。佐多稲子が主張するような違法な“秘密の初店”説は成立の可能性がある)。

 私がこれら2説は成り立たないとする論拠は当時の娼妓取締規則にある。そこでは、16歳未満で娼妓になることは禁止され、娼妓の遊郭外居住も禁止されている。まだ14歳で、かつ、遊郭外に暮らし続ける美登利が、正式に娼妓デビューしたり、デビューのための身体検査を受けたりすることはありえない。

 こうした主張に対しては、当時の吉原において、年齢をごまかして16歳未満の者を娼妓にすることは可能だろう、という反論や、作者の一葉が娼妓取締規則を知らなかったこともありえるだろう、という反論も成り立つようだ。

 たしかに一般論として年齢詐称もありえるだろう。たとえば、どこか遠い地方から売られてきた少女ならそれは容易かもしれない。しかし、吉原界隈のちょっとした有名人で、かつ、いまだ地元の小学校に在学中の美登利の場合、年齢の詐称は困難だろう。遊女屋の経営者にとって、これほどあからさまな違法行為はリスクが大きすぎる(仮にライバル業者やら逆恨みした客やらが警察に告発したら、かなり厄介だろう)。
 (20097.22.付記) 私の記事を紹介してくださった文学者の方のブログを読んだら、森鴎外の年齢詐称を引き合いに出して、それと同様に、美登利だって年齢を詐称してもおかしくなない、と考える学者の説が挙げられていた。うーむ、文久年間に石見の津和野で生まれた鴎外が、上京した翌年の明治6年に年齢をごまかして医学校に入ったという話と、明治19年の小学校令による義務教育の確立後で現に地元の小学校に在学している美登利の話とを同列に扱うのは、かなり粗雑な考えだと思う。(付記おわり)

 先に挙げた山本欣司氏の論文では、16歳になって娼妓デビューする前の見習い奉公開始もひとつの可能性として示唆されているが、見習い奉公なら遊女屋に移り住む必要がある。作品中に明記されているとおり、美登利は廓外に暮らし、遊女屋に行くのは、そこで働く姉に「用ある折」だけなので、見習い奉公も始まっていないと考えられる(山本氏がこれとは別に指摘する、美登利と遊女屋との間でなんらかの契約が成立した可能性については、検討の価値があると思う)。

 そもそも、美登利が正式に娼妓として就業していないことは、上記の年齢問題を別にしても、こうした彼女の遊郭外居住からも、明らかである。

 もうひとつ。一葉が娼妓取締規則を知らずに、16歳未満で遊郭外居住の美登利を娼妓にしてしまったのではないか、という反論。その可能性については、私も前の記事でふれた。でも、やはりそれは無理センだと思う。
 まず、16歳未満の娼妓就業禁止の方について。おそらくこれは、現在のなんとか条例の18歳未満云々程度には、世間の常識(?)だったと思う。一葉が正太に歌わせている流行節に「十六七の頃までは蝶よ花よと育てられ、今では・・・」とあるとおりだ。
 そして、娼妓の遊郭外居住の禁止の方は、江戸時代から続く、遊郭の営業独占を守るための最重要かつ最も有名な“おきて”である。『たけくらべ』執筆の前年、吉原のすぐ近くで約1年間居を構え、折にふれて吉原のことを観察していた一葉が、それを知らなかったことなどありえないだろう。

 というわけで、やっぱり、初店説(秘密の初店説はのぞく)と検査場説(初検査説)は成り立たないと考えられる。

|

« 江戸柳原の古着市場 | トップページ | オランダ・イタリア旅行記~予告 »

コメント

こんにちは。
古い記事にコメントすることをお許しください。
小林さんの『たけくらべ』に関する記事、興味深く読ませていただきました。
知識が乏しく素人考えでお恥ずかしいのですが、ひとつお聞きしたいことがあるのですけれどもよろしいですか。
美登利が遊女屋に行くのは、そこで働く姉に「用ある折」だけであると本文には書いてありますが、小林さんは、この美登利が姉を訪ねる「用」は何だとお考えですか。
これ以前の本文に姉のもとへ行ったという記述は、髪を島田に結ってもらった日以外なかったように記憶していますが、もしこの問題になっている空白の時間以後に美登利が足繁く(かは、はっきりしませんが・・・)姉のもとへ行くようになったとしたら、何故だとお考えですか。
ご意見をお伺いしたいです。

投稿: mi | 2011/01/16 14:14

もう一度読み返してみたら姉のもとによく行っていたことを表す記述がたくさんありました。注意不足でごめんなさい。
お恥ずかしい限りです。

投稿: mi | 2011/01/17 02:11

コメントへのレスがすごく遅くなってごめんなさい。
記事を読んでいただいたこと、コメントをお寄せいただいたことに感謝しています。
たけくらべ論争について新しい記事をかきました2011.4.10.
もしまだこのブログにいらっしゃってくださったなら、ぜひお読みくださいませ。
またご意見をいただけるとさいわいです。 

投稿: 小林 | 2011/04/10 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/45438868

この記事へのトラックバック一覧です: 続々・たけくらべ論争~娼妓取締規則をめぐって:

« 江戸柳原の古着市場 | トップページ | オランダ・イタリア旅行記~予告 »