« 最近のお気に入り~YUIの「again」 | トップページ | 続々・たけくらべ論争~娼妓取締規則をめぐって »

2009/06/17

江戸柳原の古着市場

 ブログ読者の皆様一般に対しては申し訳ありませんが、ちょっとした業務上の都合で、場違いながら、以下、江戸の柳原というところにあった古着市場に関するメモを掲載します。興味のある人はご笑覧を。

柳原土手通りの古着市場

 神田川の南岸に沿って築かれた総延長1.5km弱の土手に沿った通りに、土手を背にして床店が並んでいた。軒数は不明。明治初年に同所での床店営業の許可が検討されるが、その許可軒数は約550軒。そこから判断して、500軒程度というのがひとつの目安か。
 成立年代は不明。床店場所全体は八つの区画に分かれていて、それぞれの区画ごとに幕府からの営業認可が与えられていた。それらの認可はおおむね18世紀前半に順次出されたが、それ以前から無認可の営業が存在した可能性も大きい。
 この床店場所において、古着市場が開かれていた。古着市場の成立年代も不明だが、諸文献における同所の古着商売への言及は、1730年代以降に現れてくる。床店場所が幕府から認可された18世紀前半頃に、柳原土手通りの古着市場も形成されたのではないだろうか。古着を扱う床店の軒数も不明だが、100~200軒程度だったのではないか。

柳原土手通りの古着市場についての要点

 この古着市場については、これまで史料もみつからず、実証作業を欠いたまま、同所は詐欺的な商売が横行する怪しげな場所であったという見解が出されていた。しかし、近年、貴重な史料を発見できた。明治7年1月付で、古着商の住吉屋幸左衛門という人物が東京府知事宛に提出した書類のなかに、近世段階の柳原土手通りの古着市場について説明した記述が見つかった。その記述内容から導き出せる要点は次のとおり。

①江戸の主要な古着市場として、富沢町の市場と柳原土手通りの市場とが両立していたが、富沢町市場の取扱商品が高級化するにつれて、古着市場としての「人気」が柳原土手通りへと移ってきた。
②市場の場所は「床店最寄」である。おそらくは、床店前の路上において、古着の市場取引(糶売買)が行われていた。そうした取引に対しては、床店は商品の保管場所としての機能を果たしていたと考えられる。
③市場での売り手は、床店の古着商人たちである。買い手は、「府下市中見世」、すなわち江戸市中の小売の古着屋と、「諸国」から古着を仕入れにやってきた「旅人」である。また、売り手である床店の古着商人が市場で古着を買うという「互ニ売買」という取引もおこなわれていた。
④市場では、どんな古着でも「値次第」で「悉売捌」けるので、「薄元手」の零細な商人たちが「尚以糶合出市」し「日々営業」していた。

 柳原土手通りの古着市場を、小売市場とする誤った見解もあるが、③で明らかなように、この市場の主な機能は、小売店や旅商人を相手にした、いわゆる卸売であった(それと平行して、個々の床店における素人相手の小売も行われていたことはほぼ間違いない)。
 このように、売り手・買い手ともにプロフェッショナルな商人である以上、これまで喧伝されたような詐欺的な商売の横行といった状況はありえない(そんな商売が一部にはあったとしても)。
 こうした柳原土手通りの古着市場は、少なくとも幕末段階では、由緒ある富沢町市場と肩を並べさらにはそれを凌駕する卸売市場として発達を遂げていた(明治前半にはこの柳原土手通りの市場をもとに岩本町古着市場がつくられ、ここが東京の古着流通における最大の拠点となる)。
 市場での売り手として商品を豊かに供給しときには買い手ともなる古着商人たちが、恒常的に多数集合すること、これが市場を発達させた基本条件であろう。零細な経営規模の商人たちが、個々単独では決して作りえない巨大な集客力や活発な市場取引は、彼らが多数の共同によって柳原土手通りに生み出し育んだものである。

|

« 最近のお気に入り~YUIの「again」 | トップページ | 続々・たけくらべ論争~娼妓取締規則をめぐって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/45366996

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸柳原の古着市場:

« 最近のお気に入り~YUIの「again」 | トップページ | 続々・たけくらべ論争~娼妓取締規則をめぐって »