« ソウル出張中に行った食べ物屋さんメモ 付:大宮のお寿司屋さん | トップページ | 書評:濱口桂一郎『新しい労働社会―雇用システムの再構築へ』 »

2010/09/17

餅は餅屋で、今年の夏の贅沢

 先週のソウル出張をのぞけば、毎日家で家事と仕事を繰り返す単調な今年の夏休みだったけど、ひとつ、新鮮でとても「贅沢」な体験だったのは、まるまる一日のテレビロケ。

 「時代劇おもしろ雑学虎の巻」、ぜひみてね!

 CS系の時代劇専門チャンネルで放映している「時代劇おもしろ雑学虎の巻」という10分間の番組に、昨年度からときどき呼んでいただいて仕事をしています。主な出演者は、タレントのはしのえみさんと、鬼平シリーズなどをてがけた大物時代劇プロデューサーの能村庸一さん。昨年は、このお二人を相手に、スタジオでクイズの出題と解説なんかを3回くらいさせてもらったんですが、今回はスタジオを出て屋外ロケの企画。

 僕の出演は2回で、番組のお題は、1回目が現代東京に江戸の名残をさがす「江戸探し」、2回目がその名もずばり「市中引き回し」。

 放送予定

 「江戸探し」は来週放送、「市中引き回し」は再来週の放送です。時代劇専門チャンネルを視聴している方はぜひご覧ください。放送スケジュールは、「江戸探し」はこちら「市中引き回し」はこちら。

 餅は餅屋

 今回は企画段階からお手伝いさせていただきましたが、僕の提案企画は「江戸の事件現場をめぐる」と「江戸探し」の2案。いちおう自信作でした。そして、プロデューサーさんやディレクターさんからのご提案が「市中引き回し」。で、実際にロケハンにも行って、検討した結果、僕の提案した2案はこれらを混成圧縮して「江戸探し」1回分に。もう1回は制作スタッフご提案の「市中引き回し」に。

 当初の本音をもらしちゃうと、「えぇ?市中引き回しの方って面白いのかなぁ??」。この企画は文字通り、罪人に課された市中引き回しのルートを現代の東京の街で実際にたどるというものなんだけど、最初それにあまり魅力が感じられなくて…まあ、今にして思うと、要するに大人気なく自分自身の出した企画にばかりこだわってたわけですが。

 でも、ロケをやってる間に、自分でも楽しくなってきて、今も思い出深いのは「市中引き回し」。もちろん「江戸探し」の方もはしのさんや能村さん、スタッフのご活躍で、負けず劣らず面白い番組が出来たと思いますけど。

 そこで思いました。やっぱり餅は餅屋だと。最初はスタッフの方々の企画の良さが十分理解できなくて、いろいろ生意気なことも言ってしまったと反省。

 なんて贅沢

 ともあれ、テレビロケ、楽しい経験でした。ずいぶん前から土曜お昼の「王様のブランチ」をよくみててファンだった「姫様」はしのさんとおしゃべりもできたわけだしね… 「なんて贅沢なんだ」(伊藤淳史風に)。

|

« ソウル出張中に行った食べ物屋さんメモ 付:大宮のお寿司屋さん | トップページ | 書評:濱口桂一郎『新しい労働社会―雇用システムの再構築へ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72525/49475956

この記事へのトラックバック一覧です: 餅は餅屋で、今年の夏の贅沢:

« ソウル出張中に行った食べ物屋さんメモ 付:大宮のお寿司屋さん | トップページ | 書評:濱口桂一郎『新しい労働社会―雇用システムの再構築へ』 »