2007/01/29

映画『どろろ』の感想と、ミスチル主題歌「フェイク」についてほんの少しの感想

 映画『どろろ』を観た。ご存知、手塚治虫が原作のコミックの映画化。『週刊文春』に載っていた、おすぎの映画評でも高評だったので、期待しつつ、それでも期待しすぎないようにつとめながら映画館へ。 なかなか良い映画でした。
 映画のあらすじ~時は戦乱の世。ある武将が、化け物と契約を結ぶ。天下をわがものとすることと引き替えに、生まれてくる我が子の体の48箇所の部分を化け物たちに与えるという約束。こうして体のほとんどを失った赤ん坊は川に流される。その男の子が人造の体を与えられ、成長して化け物たちと戦う旅に出る。化け物を倒すたびに彼、百鬼丸はひとつずつ自分の体の部位を取り戻していく。そんな彼と偶然出会って共に旅することになったのが、泥棒のどろろ。どろろは、とある武将に親を殺され復讐を願っている。百鬼丸の使う最強の武器は左腕に仕込まれた刀だが、百鬼丸が左腕を回復した機会にその刀をわがものにして復讐に使おうというのがどろろのねらい。このどろろは、男として育てられたが、実は女。そんな旅の途中、どろろの敵である武将が百鬼丸の父であることが明らかとなる。でもって――、というのがあらすじです。
 
 個人的にはどろろ役の主演女優、柴咲コウに見とれてしまいました。年末、柴咲コウが出演したTVドラマ『GOOD LUCK』の再放送を見てあらためて感心しましたが、今回もこの女優さんの魅力を再確認しました。

柴咲コウのいわゆるツンデレ
 
 『GOOD LUCK』の航空整備士役は、木村拓哉演じるパイロットを相手にした、いわゆるツンデレのお手本みたいなキャラクター。そうそう、同じくTVドラマの『オレンジデイズ』の難聴に悩むバオリニスト・ピアニスト役も、やっぱりツンデレ・キャラクターでした。相手は今回の映画と同じ、妻夫木聡。
 
 今回のどろろ役も、煎じ詰めれば、ツンデレの亜種みたいなもんですよね。手塚治虫的亜種といってもいいかな。表面的には「デレ」の部分が極端なまでに抑制されているがために、よけいに引き立つツンデレというか。どろろの他には、たとえばリボンの騎士のサファイアとかね。男装の女の子という設定が共通。
 
 そんなツンデレ評論の観点からすると、今回の映画『どろろ』では、ラストシーンがなかなか面白かったです。まあ、これもよくあるパターンといえばパターンなのかもしれないけど、上記のTVドラマと比べても、なかなか爽快?でした。百鬼丸がいつ「アレ」を化け物から取り戻していたのか、という至極まっとうな疑問をもつ人は当然多いらしく、ネットなどでも論点化していますが、まあ、そうしたことも織り込み済みの、よくできた脚本でした。
 
無いものねだりを少し

 柴咲コウの魅力はともかく、映画の構成については少し注文が。映画のなかほどで繰り返される化け物との格闘シーンの連続はちょっとつまんなかった。まあ、アクション班への配慮もあっての編集だったかもしれない。個人的には前後の文脈あってのアクションシーンだとは思うんだけど。香港のカンフー映画とかで、主人公が一番の敵役と遭遇するクライマックスの前に、連戦シーンとか訓練シーンの断片がしばらく続く部分があったりしますよね。それを連想。で調べたら、今回の映画のアクション監督が香港映画の人だと知って少し納得。意識的な演出なら、それも面白いか。
 もうひとつの注文は、百鬼丸の父が化け物と非情の契約を結ぶにいたるまでの、人間に絶望していく過程がもう少し描かれていると良かったと思う。冒頭のシーンの極端なまでの凄惨さがその過程の象徴なんだろうけども、もっとストーリーとして展開してほしかった。彼の絶望がそもそもこの物語の出発点なわけだろうし、彼の最期も、そうした絶望との闘いとしてより深く印象づける方が良かったような気もする。まあ、いわゆるエンターテイメント作品にそんな無いものねだりをしなくても、“無いもの”はお客が自分の頭で補って観てあげれば十分だけどね。すべてが描きこまれてる必要はないもんね。

 ともあれ、『どろろ』、楽しめました。

ミスチル「フェイク」
 
 ついでながら、ミスチルの主題歌「フェイク」も面白い。映画にふさわしいかどうかはちょっと微妙だけど、歌詞が面白い。少し前の記事で、ミスチルの「しるし」について、ここしばらくのミスチル・ラブソングにつきものだった苦味・自嘲・皮肉といった“スパイス”が使われていない、ピュアなラブソングだという感想を書きましたが、そこでは使われなかった苦味・自嘲・皮肉が、そのまままとめて詰め込まれちゃっているのが「フェイク」かなと。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006/12/13

ミスチルMr.Childrenの「しるし」を聴いて

 久しぶりにミスチルの記事を書く。

 ミスチルの「しるし」は良い。やっぱり桜井さんはラブソングが良い。 シングルカットのラブソングとしては、一昨年のレコ大受賞曲の「Sign」以来かな。

 今回の「しるし」。曲作りの巧さは別として、歌詞の方は初期のミスチルに戻ったみたいなストレートな内容。

 一番の歌詞は、初めてベッドインしたときの甘い思いやら彼女との間の微妙なやりとりを歌う。
 二番に描かれているのは、それから恋愛の月日を重ねて、ツーショット写真の顔がそっくりじゃん、とからかわれるようになった二人。同じ経験をもつカップルは多いはず。
 最後のサビでは、共に生きれない日が来たって、それでもどうせ君を愛してしまうと思うんだと、まあ、ある意味、臆面もなく歌い上げる。それが真実かどうかはともあれ、もし真剣な恋愛のさなかにいるのであれば、そんなことも思うだろう。

 ここで勝手にミスチルのラブソング史をまとめてみる。
 アルバムでいうと、「ボレロ」より前は、とてもストレートなラブソング。例えば「抱きしめたい」みたいな。
 で、ボレロあたりから、恋愛のはかなさや嘘っぽさを辛辣に歌う曲へと変わる。
 その後、次第に、そうしたはかなさや嘘っぽさにも触れながら、それら苦みも折り込んだ上での“それでもやっぱり君を愛するんだ”って曲が次第次第に増え始める。そんな苦みやら皮肉やら自嘲やらが混じりつつもそれでも最後は前向きなラブソングがとてもリアルで、ミスチルならではの“大人のラブソング”として魅力的だった。
 
 そして、今回の「しるし」。そこからは、苦み・皮肉・自嘲といった留保はほとんど取り除かれ、再びストレートなラブソングへと戻っている。
 
 それは結局、そうした“訳知り顔”やどっかで醒めてる自分とかいったものをわざわざ歌詞に織り交ぜたりしなくても、十分深みのあるラブソングが歌えるって段階に桜井さんが入ったからではないだろうか。
 苦み・皮肉・自嘲は、今回、もう“言わずもがな”の事どもとなって、歌の表面からは姿を消したんじゃないかな。もちろん、それらは桜井さんの歌声の深いところにずっと響き続けているけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/19

ヒットチャートをながめて

なかなか仕事があがらない。こんなはずじゃなかったのに。
なにも文学作品書いているわけじゃないから、悩まずに、まずは、書くべきこと、書けることをただただ書けばそれでいいはずなんだけど。
編集の人には迷惑かけてるなぁ。
煮詰まった頭を切り換えるためには、ゆっくり豆を挽くところから始めてコーヒーを飲むことにしてる。
あとは、なにか音楽。

で、今、買いたいCDをリストアップ。
ここのところ、好きなアーティストの新曲が次々に。

まずは、もちろんミスチルの「しるし」。ひさびさのミスチル・ラブソング。
やっぱり桜井さんはラブソングがいいな。
それにしても、今回のプロモーションビデオのシンプルさには驚いた。
まあ、桜井さんの歌う姿をストレートに、っていうコンセプトには賛成。

それから、BENNIE K の「JOY TRIP」。
ちょっとヘンテコなカントリーウエスタン調だけど、さすがBENNIE Kで、なんともかっこいい。元気が出そう。

あとは、アジアン・カンフー・ジェネレーションの新曲(曲名わすれた)。
相変わらずのアジカン節だけど、ちょっと歌詞にウエイトがかかってるかな。

すぐ買いに行きたいけど、外は雨。カサはあるけど、おとなしく家で原稿を書き書きしましょ。
曲の感想は、仕事終わって、CD買ってから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/21

MR.CHILDREN  I love U

Amazonから、今日発売のミスチルの新アルバムが届きました。
タイトルは、I love U  (本当は、「love」の部分が文字じゃなくてハートマークだけど)
さっそく聴いているところ。

それにしても、歌詞カードが読みにくい(笑)。まあ、いいけど。
それから・・・12曲目「隔たり」には苦笑。歌詞カードの頁のデザインがなかなか。

個別の曲の感想はまた書くつもりだけど、全般的な感想としては、「櫻井さんも大人になったなァ。」
そんなこと思うのには、つい昨日、昔のボレロってアルバム聴いちゃったせいもあるけど。
ボレロは8年くらい前だっけ?

まぁ、「大人」になったって言っても、ずいぶんチャーミングな「大人」だけどね。
それにしても、櫻井さんは、このあと、どこへ、どっちへ、「飛ぼう」としてるんだろうね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/11

Mr.Children、Mステ出演

昨日、テレビ朝日のミュージックステーションにミスチル出演。録画して仕事の合間に何度か聴いています。
「未来」。ポカリのCMソングになってる曲。CM以外で聴くのは初めて。

ミスチルでポカリだから、前曲の「イノセントワールド」みたいな曲かと勝手に想像してました。CMで流れるフレーズ部分だけ聴くと、やっぱり、さわやか系みたいだし。なんといっても、映像の綾瀬はるかちゃんのイメージが強烈だし。

でも、違った。実際はけっこう大人のテースト。自分の人生や恋愛の「未来」が、虚無によって蝕まれていくことへの抵抗の歌でした。ミスチル嫌いの人にしてみれば、こういう曲はともすると説教くさく感じられるのかもしれないけど、そのあたりは個人差があるのかもね。

早く全曲通して聴きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/04/23

日清カップヌードルのCM

カップヌードルのCMの最新版には、銃をもってパトロールする少年兵が登場。
広がる青い海の美しさと、その彼方をみる少年の姿に心を打たれた。
もちろん、そこに流れるミスチルの歌もすごく良い。

だが、どうやら、このCMにはクレームがついたようだ。
放送は中止だとか。日清のHPからも関連ページが落ちている。

アニメで子供らが武器を扱うシーンはOKだが、実写だとダメってことなんだろう。おそらく。
報道番組で十分な説明を付けて実際の少年兵を取り上げるのはOKだが、CMにいきなり少年兵を登場させるのはダメってことなんだろう。おそらく。

でも、説明なんてなくったって、あの少年の姿が投げつけてくるインパクトだけで十分な気もする。
視聴者が子供であっても、そのインパクトを受け止めてCMの意図の本質を直感的に理解できると思うんだけど。無理かなぁ。
家庭において、親子で遠い国の少年兵の問題を話しながら、戦争について考える良いきっかけにもなると思うんだけど。だめかなぁ。

残念でした。制作者の方々、これにめげず、シリーズの続作、頑張って下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/03/18

沿志奏逢、桜井さんの魅力

バンクバンド
月末には、バンクバンドのライブDVD「沿志奏逢」がリリースされる。楽しみだなぁ。
と言っても、このブログに来てくださる方で、バンクバンド知らない人も多いだろうから、説明すると・・・。

Mr.Children-いわゆるミスチルというバンドのヴォーカル、桜井和寿さんが参加している別のバンドがあって、それがバンクバンドです。

バンクバンドって名前は、桜井さんや、ミスチルのプロデューサーもやっている小林武史さんたちが作った非営利の貸金業=銀行 ap bankに由来しています。この銀行は、環境問題に取り組むプロジェクトに対してのみ融資するというもの。

こんなふうに「いい人」をやる桜井さんってのが、僕にはすごく興味深い。別に皮肉めいたことを思っているわけじゃないし、茶化しているわけじゃなくて、本当に興味をそそられる。というか、どうしようもなくシンパシーを抱いてしまう。

Sign
こうした「意識の高い」活動に限らず、桜井さんが切々としたラブソングを歌うスタンスや、こてこてのencouragingな曲を歌うスタンスにも同じような魅力を感じる。

そうした真摯な曲を歌う自分を、どこか別のところから、胡散臭いなぁとか、恥ずかしいなぁとか思って眺めつつ、それでも、そんな冷やかしの自分はとりあえず振り切っちまって、懸命に愛や勇気を歌う。

そういう屈折を抑え込んだ上での、愛やら勇気やらの歌だからこそ、どうしようもなくリアルに感じてしまう。

昨年のレコード大賞とったSignはすごくいいラブソングで心にしみる。「君が僕に向けてみせるサインを何ひとつ見落とさないよ。」って歌いあげつつ、実は、恋愛の脆さやはかなさが切り離せない陰として終始つきまとう歌詞。
リアルぅ!

さらには、シングル盤でSignといっしょに収録された2曲がなんとも良い。

「純真」なミスチルファンは、Signが終わったところで、急いで停止ボタンを押しているんじゃないだろうか。

Signにつづく2曲目では、夜の公園で偶然見かけた知らない女性がなぜかエッチさせてくれるという、とんでもなく都合のいい妄想を歌う。3曲目の最初では、今では妻も子もいるけど、それでも、むかしの恋人がエッチのあとでぬれちゃったシーツを洗濯機に投げ込む姿が忘れられないんだなぁ、と。
なかなか笑わせてくれます。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2005/01/17

ミスチル栄養ドリンク

多くの人が「自分で自分を元気づけてやらなきゃいけないな。」という時の儀式やらおまじないやらを持っていると思う。ユンケルぐいっとあおって、「さあやるぞ!」(←いったい何をやるの?)という人もいるでしょう。私の場合は、ちょっと仕事に出るのが億劫だったりすると、ミスチル聴いて元気出したりすることも多いかな。

まず「PADDLE」を聴いてから次に「蘇生」。これは強力カンフル剤って感じ。
あと、アルバム・ディスカバリーの最後の方、「ラララ」・「終わりなき旅」・「IMAGE」って組み合わせも結構効く。
「ALIVE」も意外と元気になる(というか開き直れるっていうか)。

今日はこれから非常勤講師やってる川村学園女子大の行事で、浅草へ行って新春歌舞伎鑑賞。もちろんまったく億劫じゃないので、ミスチルの力を借りなくても勇んで出かけるけど・・・・何か1曲聴いて家を出よう。何にしようかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/01/01

シフクノオト

このブログ始めてまだ何日もたたないけど、アクセス解析かけたら31日の夜にアクセス急増。理由はもちろん、レコード大賞直後にミスチルの記事書いたから。せっかく検索かけてここに来てくださった方々、薄っぺらい内容ですみませんでした。せめてものお詫びに、シフクノオトDVDの感想書きますね。

ミスチルの曲は、桜井さんの声が良いのはもちろんだけど、その前に流れるイントロがいいんだよね。それも適当に手抜きで作ったワンパターンのイントロじゃなくて、その曲その曲にあわせてよく作り込まれたイントロ。DVD1曲目の「終わりなき旅」のイントロ始まると、鳥肌もんで思わず座り直して姿勢正しちゃう。アンコール・オーラスの「Sign」のピアノのコード聴くと胸がジーンとする。で、短めのイントロのあとの歌い出し「届いてくれるといーな」でウワァーって感じ。名曲。

ミスチルの曲のイントロ人気投票とか楽しそう。もうどっかでやってるのかな。

それにしても、レコード大賞の時は残念。古式ゆかしく、慣例にのっとって、司会の曲紹介コメントがイントロにかぶさる。いつまであのスタイルにこだわるのかね。まったく。あと、桜井さんは、それ相当の思いで熱唱なのに、曲の間ずっと番組おしまいのテロップが流れる。生で時間が押してたんだろうけど、がっかり。まるで日テレ歌の大辞典の第一位みたいじゃないか。

と、正月そうそう文句言っててもつまんないから、シフクノオトDVDの見所をひとつ。「Youthful days」で歌詞間違えるよね。そこで歌につまった桜井さんのみせる「アレレ、おかしいな」って顔がすごく微笑ましい。
ここまで書いて、この話、もう有名かなと思ってgoogleで検索したら、やっぱり話題にあがってましたね。
まだそのつもりでご覧になってない方がいましたら、一度みてくださいな。その前の「乾杯をしたんだ」とかで思い切りお客にサービスしたところで少しハメ外しちゃって、という感じです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/12/31

ミスチル

レコード大賞、やっぱMr.Childrenだぜい。うれしいな。
受賞曲Signはすごくいい曲。テレビで聴きながらこれ書いてます。おめでとう。
歌ってる映像にテロップがかぶるのは時間が押したせいか。まったく。
さてと、風呂入ってあたたまってからシフクノオトのDVDでも見ながら年越ししよう。

ただ、同じミスチルでも昨日からはタガタメが何度も頭の中で鳴る。
奈良の小学生の女の子の事件で犯人が捕まったニュースきいてから。
やりきれない事件だったなぁ。
「子供らを被害者に加害者にもせずに、この街で暮らすため、まず何をすべきだろう。」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧